SharkLinux

SharkLinux

 

Ubuntu ベース ですが、ローリングリリースでパッケージを提供します。

ただし新しいパッケージというよりは、

「常に機能が変化する」という意味合いのようです。

デスクトップは MATE ですが、
2017年5月現在パネル・メニューは Xfce を使用しています。

 

現在のところ日本語を含む多国語の考慮が行われていません。

一部パッケージで依存関係を含む問題があります。

 

SharkLinux の構築は Ubuntu 16.04 LTS から

上書きインストールする方法もありますが、

ここではイメージをインストールして使用する前提で説明しています。

2017年5月現在の情報で、後に機能が変化している場合があります。


ダウンロード

SharkLinux / Files / Live-CD | SourceForge

 

SourceForge で公開されています。日本ミラー JAIST にも含まれます。

ローリングリリースのため、毎週 ISO は更新されています。


インストール

ISO に日本語フォントが含まれていません。

Ctrl+Alt+TMATE Terminal を起動するのが一番簡単でしょう。

SharkLinux はパッケージ管理コマンドが独自です。

 

$ update

$ install fonts-takao-pgothic

 

Ubuntu のインストーラー です。日本語でインストールできます。


初期設定・日本語化

はじめて起動する場合、ログインするユーザー名を確認して下さい。

 

SharkLinux は起動後、パッケージを最新にします。

この段階では日本語表示をしようとしますが、

日本語フォントが文字化けしていますので。メニューも操作が困難でしょう。

Ctrl+Alt+TMATE 端末 を起動します。次のコマンドを実行します。

 

$ install fonts-takao fcitx-mozc firefox-locale-ja

 

2017年5月現在、言語サポートは依存関係の問題で使用できません。

また LibreOffice の言語パッケージは最新版になっていません。


パッケージ管理コマンド

上記でも記載しているとおり、
SharkLinux は独自のパッケージ管理コマンドを採用しています。

sudo は不要です。

 

コマンド 動作
upgrade 最新状態へ更新 (update を含む)
install パッケージ パッケージをインストール
uninstall パッケージ パッケージを削除
clean 不要なパッケージを削除し整理
update 最新情報を取得

ログアウト・終了

2017年5月現在、MATE デスクトップに Xfce パネルを採用している影響なのか

ログアウトがメニューやアイコンで存在していません。

(少し前まではパネル・メニューなども MATE でしたが、何か不満があったようです)

 

パネルを右クリック し、表示されたメニューより パネル - ログアウト

ログアウトする事ができます。ログイン画面右上から再起動・終了が可能です。

 


メニューにボタンを追加する方法は、次を行って下さい。

左下メニュー (Whisker Menu) を右クリックし、Properties を選択します。

上項目 コマンド タブで、次を割り当てます。

  • ユーザーの切り替え: mate-session-save --logout-dialog
  • ログアウト: mate-session-save --shutdown-dialog

壁紙の設定

壁紙は Variety によって随時変更されています。

しかし、右下の日時表示が文字化けしたままになります。

 

~/.config/variety/variety.conf で設定を変更します。どちらかを修正します。

  • clock_font・clock_date_font を日本語フォントに変更する
  • clock_filter の日付部分を '%Y-%m-%d' などに変更する

動作を止めたい場合は、右下アイコンより終了できます。

自動起動したくない場合は MATE の自動起動から無効にして下さい。