Good Life Linux

LXDE
LXDE
Openbox
Openbox
Xfce
Xfce

Good Life Linux | SourceForge

 

Devuan 派生。Openbox は MiyoLinux 派生です。


LXDE のパネル表示


LXDE は初期状態でパネルが下に隠れる設定になっています。

カーソルを画面の下に持っていく事でパネルが表示されます。

 


パネルを常に表示したい場合は、

パネルを右クリックし、Panel Settings(パネルの設定)を選択します。

表示されたウインドウの上項目 Advanced(高度な設定)を選択し、

Minimize panel when not in use(使わないときはパネルを最小化する)

を無効にします。


インストール

Openbox の場合、左下アイコン PCManFM を開き、

(または 右クリック のメニュー より File Manager

左項目 Desktop を選ぶとインストールアイコンがあります。

 

インストーラーは Refracta installer です。


初期設定

インストール後も最初は英語での起動です。

 

まず、有線でもネットワークが接続されていません。

LXDE・Openbox は右下、Xfce は右上にある接続アイコンをダブルクリックし、

必要な場合はネットワークを設定し、(有線・DHCP の場合は初期状態のまま)

Connect(接続) を選択して接続します。接続できたところで

Use as default profile (overwrites any previous default)

(初期プロファイルとして使用する (以前の値を上書きします))

を有効にして下さい。これで再起動後も接続します。

 

 

端末・ターミナル を起動し、次を実行します。

fcitx-mozc はオプションです。入れなくても uim-anthy&mozc で入力できます。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt remove man-db

$ sudo apt dist-upgrade

$ sudo apt -u --reinstall --fix-missing install $(dpkg -S LC_MESSAGES | cut -d: -f1 | tr ', ' '\n' | sort -u)

$ sudo apt install man-db task-japanese task-japanese-desktop fcitx-mozc

$ sudo dpkg-reconfigure locales

 → ja-JP.UTF-8 を追加し、標準に(選択は スペースキー なのに注意)

 

ここまで行ったら、一度 Good Life Linux を再起動 して下さい。

 

右上の言語選択を 日本語 - 日本 (ja_JP.UTF-8) へ変更してから、

ログインして下さい。

これで日本語表示・入力が可能になります。


インストール・初期設定の動画

ここでは LXDE を使用しています。

他のデスクトップでも手順はほぼ一緒です。