OBRevenge

(OBRevenge OS・Mate Revenge・KRevenge)

OBRevenge OS (Openbox)
OBRevenge OS (Openbox)
Mate Revenge (MATE)
Mate Revenge (MATE)
KRevenge (KDE Plasma 5)
KRevenge (KDE Plasma 5)

OBRevenge OS

 

Arch Linux ベース
2017年5月より Mate Revenge と KRevenge が追加されました。

いずれも独自のカスタマイズによって、

他とは異なるデスクトップを提供しています。

 

なお、Mate Revenge については

Fcitx に必要な環境設定が反映されない問題を確認していて、現在調査中です。


ダウンロード

OBRevenge OS / Files | SourceForge

Mate Revenge / Files | SourceForge

KRevenge / Files | SourceForge 

 

SourceForge で公開されています。種類別に設置されています。


インストール

2 種類のインストーラーが存在しますが、Calamares を使用して下さい。 

Calamares は日本語表示でインストール作業を進められ、

設定も正常に反映されます。

 

もう一つのインストーラー Simple OBR Installer は

言語・キーボードの設定が反映されず、英語になってしまいます。


初期設定・日本語化

インストール後の起動では、

ビットマップフォントですが、日本語は表示できています。

日本語フォントと fcitx-mozc をインストールし、設定します。

 

$ sudo pacman -Syu

sudo pacman -S otf-ipafont fcitx-mozc fcitx-configtool fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4 fcitx-qt5

$ sudo pacman -S kcm-fcitx (KRevenge のみ)

 

ホームフォルダ 下にテキストファイル .xprofile を生成します。

次のテキストを含めて下さい。

 

export GTK_IM_MODULE=fcitx

export QT_IM_MODULE=fcitx

export XMODIFIERS=@im=fcitx

fcitx-autostart

 

その後一度 OS を再起動 して下さい。

 

KRevenge は共通の Fcitx アイコンとパネル表示になりますが、
Input Method Panel ウィジェットを使用する事が可能です。

 

KDE Plasma 5 | デスクトップ環境 - Input Method Panel ウィジェットの追加方法


ミラーサーバの再設定

2017年5月現在、特に OBRevenge OS ではダウンロード速度が遅くなっています。

これは日本ミラーの優先度が低くなっていて使用されていないためです。

一度ミラーサーバ一覧を再生成してみて下さい。

 

$ su -

# cd /etc/pacman.d/

# cp mirrorlist mirrorlist.bak

# rankmirrors -n 6 mirrorlist.bak > mirrorlist

 

sudo で rankmirrors は動作しません。su で root に昇格して下さい。

時間を要しますので、しばらくお待ち下さい。


ターミナル起動時の表示 (OBRevenge OS)

ターミナル起動時に neofetch で情報を取得しています。
これで若干遅延が発生します。

これが嬉しくない場合、~/.bashrc に記載されている

neofetch の行を削除するか、行頭に # を加えて下さい。

これを行ってもコマンド neofetch でいつでも表示できます。


インストール・初期設定の動画