Bluestar Linux

(Bluestar)

Bluestar Linux

 

Arch Linux 派生。デスクトップに KDE Plasma 5 を採用しつつ

Dock によるアプリ表示を標準にしています。


ダウンロード

BluestarLinux / Files / distro | SourceForge

 

SourceForge に入っています。Web サイトも SourceForge のサーバ内ですが、

こちらのダウンロードより、直接 Files を参照した方がはやいかもしれません。


インストール

本来の KDE Plasma パネルは画面上に隠れています。

メニュー - System - Bluestar Linux Installer で起動します。

メニューの後、installer で検索した方がはやいかもしれません。

 

インストーラーは Calamares ですが、起動直後で特有の選択肢があります。

  • Bluestar Installation - 標準アプリの種類を選択します。
    Base・Lite・Desktop・DeskPro・Developer。
    Base は ISO の内容そのままですが、パッケージは更新されます。
  • Dock Preference - Dock の種類を選択できます。
    Latte Dock・Cairo Dock。

Calamares は日本語表示で進める事が可能です。

 

インストール中 Bluestar Installation の選択によるダウンロードと

パッケージの更新が行われます。選択によっては結構時間を要します。

ロックに入ってしまった場合、ユーザー bslx のパスワードは user です。

KDE Plasma の更新が含まれる場合、ロック解除が困難になる場合もあるので、

インストール前に入らないように設定しておいても良いかもしれません。


初期設定

ビットマップ表示ですが、日本語表示できています。

ただし、英語表示になっています。

 


System Settings (KDE Systsme Settings) を起動し、

Regional Settings を選択します。

左項目 Language で、日本語 を「Preferred Languages」へ移動します。

2 項目間にあるボタン、上が →、下が ← です。

 

インストールが必要なのは日本語フォントのみです。

 

$ sudo pacman -S otf-ipafont

 

これを行ったら、一度ログアウトし、ログインしなおすと日本語表示にできます。

 


キーボード切り替え用に最初から IBus が含まれています。

IBus 設定 より上項目 入力メソッド
日本語 - Anthy または 日本語 - かな漢字 を追加する事で、

日本語入力が可能になります。

なお、IBus では現在 ibus-mozc はソース提供されていないため、
Mozc は含まれていません。


天気表示

右クリックから地域設定を行えます。yr.no および OWM から取得できますが、

運営者が試したところ、OWM で正常に動作しています。