ArchBox

(ArchBox Linux)

ArchBox Linux

 

Arch Linux 系Openbox を採用します。パネルは tint2 です。


ダウンロード

ArchBox Linux / Files - SourceForge

 

SourceForge からのダウンロード、日本ミラーとして JAIST があります。


インストール

Openbox はパネルやデスクトップの空いてるところを右クリックで

メニューを表示します。

 


インストーラーではディスク・パーティションの調整を行えません。

予め作業を行う必要があります。

メニュー - System - GParted が良いでしょう。

 


メニュー - Install ArchBox でインストーラーが起動します。

CLI インストーラーですが、手順は少ないです。

下の各項目はメニューの番号と連動です。通常は順番に実行していきます。

 

1 ドライブの選択

正しくはパーティションの選択です。

ArchBox をインストールする

パーティションを選択します。

 

2 個人情報

コンピュータ名と

ユーザーアカウントを設定します。

このユーザーは sudo 権限ありです。

 


3. 言語

en_US.utf-8 が選択されているので、

ja_JP.utf-8 を有効にします。

この時、スペースキー が選択 です。

 

システム言語の選択。

ja_JP.utf-8 を選択します。


4. タイムゾーン

日本標準時は Asia/Tokyo です。

 

5. ブートローダ

YesGRUB 2 をインストールします。

 


6.インストール

最終確認。間違いないか確認し、

問題なければ Yes を選択します。

インストール作業。しばらく待ちます。

作業が終わるとメニューへ戻ります。

 


7.再起動

Yes で再起動します。



初期設定・日本語化

Openbox はパネル・デスクトップの空いてるところで右クリックする事で

メニューを表示します。

 

キーボード設定はインストーラーになく、autostart に固定されています。

日本語キーボードはとりあえず一時的に設定します。

英字キーボードになっているので、この時 ' は : キーです。

 

$ setxkbmap -layout 'jp'

 

~/.config/openbox/autostart を開き、
setxkbmap と xxkb の行頭に # を入れ(実行されなくなります)
代わりに強調の 1 行を加えます。

 

sleep 1 ; setxkbmap -layout 'us,ua,ru' -option "grp:caps toggle,grp led:caps,grp led:scroll"

sleep 1 ; setxkbmap 'jp'

# sleep 1 ; xxkb &

 

タイムゾーンが UTC になっているので修正します。

 

$ timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

特に公開から日数が経過している場合、

パッケージのダウンロードに時間を要します。

先にミラーサーバを調整しておくと良いです。

 

$ su -

# cd /etc/pacman.d/

# cp mirrorlist mirrorlist.bak

# rankmirrors -n 6 mirrorlist.bak > mirrorlist

# exit

 

パッケージの更新とインストールを行います。

 

$ sudo pacman -Syu

$ sudo pacman -S otf-ipafont fcitx-mozc fcitx-confgitool fcitx-gtk2 fcitx-gtk2 fcitx-qt4 fcitx-qt5

 

テキストファイル ~/.xprofile を生成します。中身は次のとおりです。

 

export GTK_IM_MODULE=fcitx

export QT_IM_MODULE=fcitx

export XMODIFIERS=@im=fcitx

fcitx-autostart

 

ログアウト→ログイン、または ArchBox を再起動 して下さい。