Vine Linux

 

ヴァイン リナックス


Vine Linux 6.5 。訳があってまだ GNOME 2 だが最新アプリが使用できるようになっている。
Vine Linux 6.5 。訳があってまだ GNOME 2 だが最新アプリが使用できるようになっている。

Vine Linux

 

日本発のディストリビューションとして歴史が長い。

 

当初は Red Hat Linux の派生であったが、

現在は独自のディストリビューションとして独立している。

上記の事からパッケージは .rpm だが、

パッケージ管理は Debian・Ubuntu に近い操作性の apt を採用する。

(apt-rpm。他に PCLinuxOS が採用している)

様々なディストリビューションに影響される状況にある。

 

デスクトップ環境は GNOME 2 を採用しているが、
最新版はカスタマイズされ、パネルが上一つになっている。

 

古さが残る Linux を感じつつもあるが、

VL フォント など、日本 Linux 界への功績は大きい。

 

公式コミュニティは参加人数が多く、

日本語サポートが受けられる点では未だ大きなメリットがある。


Vine Linux については開発版 VineSeed も含め、

Vine Linux デスクトップ構築支援サイト「Vine Linux をつかおう」で

まとめています。こちらをご参照下さい。