openSUSE

 

オープンスーゼ


Leap による GNOME
Leap による GNOME
Leap による KDE
Leap による KDE

openSUSE | 日本語ポータル

 

openSUSE は2015年秋から志向が変化し、

最新安定版は Leap という名称が付けられた。

13.2 の継承が Leap 42.1 で、現在 Leap 42 系だが、

Leap 42.3 の次は Leap 15 系になる。番号順に注意。

これとは別に新環境を維持するローリングリリース版 Tumbleweed が

Leap と共に一般向けに公開されての提供となっている。

 

デスクトップ環境は GNOME(GNOME Shell)と KDE がメインで、

Xfce も選択可能。X の最低環境として IceWM も存在する。

(従来は LXDE も選択可能だったが、Leap 42.2 より外されている)

GNOME 以外は Windows に近い操作性にカスタマイズされている。

 

インストーラは YaST を用いた独自仕様。

パッケージ管理は GUI が YaST、CUI が Zypper と独自仕様。
zypper のコマンドは apt や dnf・yum に近い操作性になっている。

その他細かい動作に違いはあるものも、
他のディストリビューションに触れていれば、そう困る事もないだろう。

日本ポータルが充実し、いざという時に問い合わせ先もあるのが安心だ。

SUSE と共に使用している人もいて、幅広いサポートが得られる。

 

openSUSE の日本で活動している人は入力メソッドもメンテナーを行い、

IBus 1.5 を採用しつつも、初期状態で Anthy を有効にし、

全角/半角が機能する状態にしてある。(Mozc も切り替え可能)

Fcitx ももちろん切り替えて使用する事が可能で、インストールするだけだ。

もちろん IBus・Fcitx 両方を入れて、切り替える事も可能。
 

Leap の Xfce。インストールで選択可能。安定度がある
Leap の Xfce。インストールで選択可能。安定度がある

openSUSE の詳細情報については

openSUSE 日本語デスクトップ環境構築支援サイト「オープンスーゼをつかおう」で

公開しています。