Mageia

Mageia 6 Plasma。KDE は Plasma 5 に変更。
Mageia 6 Plasma。KDE は Plasma 5 に変更。
Mageia 6 GNOME
Mageia 6 GNOME
Mageia 6 Cinnamon
Mageia 6 Cinnamon
Mageia 6 LXDE
Mageia 6 LXDE

Mageia 6 MATE
Mageia 6 MATE
Mageia 6 Xfce
Mageia 6 Xfce

Mageia

 

Mageia は Mandriva Linux からの派生です。
Mandriva Linux 関係者が Mageia にも携わっています。

そのため Mageia は Mandriva Linux に近い部分が多いです。

Mandriva 系の中でも日本語がまともに使用できる点でメリットがあります。

ただし利用者が少なく、情報が少ないため

使いこなすまで大変かもしれません。

 

このページではもうすぐ公開される Mageia 6 についての記載となります。

現在公開中の Mageia 5 では一部異なります。


インストール


 

メニュー表示で F2(Language)を選択し、日本語 を選っぶか、

起動直後 日本語(Japanese) を選択して下さい。

従来のインストール(Classic Installer)とライブメディア(Live Media)で

インストーラーは異なります。どちらも日本語でインストール可能です。

 

 


従来のインストール(Classic Installer)では 

デスクトップの選択で PlasmaGNOME が存在しますが、

カスタム を選択すると、「グラフィカル環境」で
次のデスクトップ環境を選択できます。

複数デスクトップをインストールする事も可能です。

ライブメディア(Live Media)は ISO ダウンロード選択時に

Plasma、GNOME、Xfce を選択します。そのままインストールされます。

 

従来のインストール(Classic Installer)で KDE Plasma を選択しています。

 

ライブメディアの起動→試用→インストールと進めています。

ここでは Xfce を使用していますが、他のデスクトップでも同じです。


日本語化

日本語でインストールを進めた場合は IBus がインストールされます。

Anthy と Mozc 2種類が入り、選択可能です。

必要に応じて Mozc のみなどにしておくと便利でしょう。

他の Mandrake・Mandriva 系は
入力メソッドのパッケージが満足に動作していないため

現状 Mageia は数少ない日本語で使用できる環境となります。

 

なお、Mageia の公式パッケージとして Fcitx は入っていません。

 

GNOME

インストール直後の状態で日本語入力ができませんが、

設定により、入力できるようになります。

 


設定 を起動し、地域と言語 を選択します。

設定はアプリケーション一覧に存在しますが、

右上のメニューより左下で素早く起動できます。

 

「入力ソース」に 日本語 (Anthy) または 日本語 (Mozc) を追加します。

日本語キーボードの場合、英語 は削除して下さい。

この「入力ソース」の項目が右上 ja 部分で表示される項目になります。

 

LXDE

右下システムトレイのうち JP と表示されている部分は IBus があるので不要です。

IBus の JA アイコン と混乱する恐れがあるので、削除をおすすめします。

JP を右クリックしで表示したメニューより

パネルから "キーボード配列の設定" を削除する で表示を削除できます。


パッケージ管理コマンド比較 (Mageia 5)

Mageia 5 までは urpmi が採用されています。

独特の体制なので、コマンド比較を行いました。

Mageia (Mageia 5 まで) Red Hat・Fedora Debian・Ubuntu
パッケージのインストール
urpmi gedit

yum install gedit

dnf install gedit

apt-get install gedit

apt install gedit

導入済パッケージの更新
urpmi --update --auto-select

yum update

dnf update

apt-get upgrade

apt upgrade

パッケージの削除
urpme gedit

yum remove gedit

dnf remove gedit

apt-get remove gedit

apt remove gedit

パッケージの検索
urpmq gedit

yum search gedit

dnf search gedit

apt-cache search gedit

apt search gedit

パッケージ情報の取得
urpmi.update -a

yum check-update

dnf check-update ※

apt-get update

apt update

※ yum・dnf では実行時に情報を取得するので、通常実行する事はありません。

 

なお、Mageia 6 からパッケージ管理コマンドは dnf へ移行します。

 

デスクトップ環境で使用する場合は、これらのコマンドを使用する代わりに
Mageia コントロールセンター から RPM をインストール/アンインストール で
パッケージの操作が可能です。


起動に時間を要する場合

他の Linux をインストールした後、起動に時間を要する状態になった場合、

他の Linux が swap パーティションの UUID を変更した可能性があります。

 

その他メモ/UUID

 

UUID が変わっていた場合は、次のところへ反映して下さい。

  • /etc/fstab の swap がある行
  • GRUB の起動オプション resume=