Netrunner

Netrunner Desktop 17.01
Netrunner Desktop 17.01
Netrunner Core 16.09
Netrunner Core 16.09

Netrunner | KDE GNU/Linux Distribution

 

KDE Plasma 5 をデスクトップに採用している Linux です。

 

Netrunner 16.09 より種類が改められ、

標準的なアプリケーションを備える Netrunner Desktop と

最小限のアプリケーションを備える Netrunner Core が公開されています。

 

はやければ数ヶ月おき再インストールを要します。

あまりメイン使用には適しません。

しかし新しい KDE を使用できる Linux として海外ではある程度支持者がいます。


バージョンと派生元

Netrunner 17 までは安定版を Ubuntu ベースで公開していましたが、

Ubuntu ベースは現在派生の KDE neon がベースとなった
Maui Linux として公開されるようになり、

Netrunner 16.09 より Debian ベースに切り替えられました。

このページでは Debian ベースの Netrunner についてのみ触れています。

 

Netrunner 15〜17 および 13.12 以前は

LTS 版ではない Ubuntu ベースとなり、メイン使用はおすすめできません。

ただし公式サイトでは更新手順が公開されています。

 

Netrunner Rolling も過去の公開で存在していますが、ここでは触れません。

 

Netrunner バージョン
派生元
Netrunner Desktop 17.01 Debian Stretch snapshot 20161211 ※
Netrunner Desktop 16.09 / Core 16.09 Debian Jessie (安定版→旧安定版)
Netrunner 14〜14.2 Frontier Kubuntu 14.04 LTS

※ Stretch は 2017年春〜夏より Debian 安定版となります。

  snapshot はその時点のパッケージ状態を保持しています。

  セキュリティ更新を要するパッケージは Netrunner サーバから更新されます。


ダウンロード

Files - Netrunner OS | SourceForge

 

SourceForge で公開されているので、日本のミラーは JAIST が存在します。


インストール

Calamares が採用されています。日本語でインストール可能です。


日本語化

インストール直後、一瞬アイコン表示などで英語のように見えますが、
メニューやアプリなどは日本語化されています。

なので、必要なのは入力メソッドのインストールです。

 

Konsole を起動し、日本語化を行います。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt dist-upgrade

 

Netrunner 16.09(Debian Jessie)の Fcitx は

fcitx-frontend-qt5 の依存関係に問題があり、Qt5 アプリで入力できません。

また uim は Qt5 対応が不完全です。IBus を使用する必要があります。

 

$ sudo apt install firefox-locale-ja kde-l10n-ja ibus-mozc

 

Netrunner Desktop 17.01 は LibreOffice も入っているので、
こちらの日本語言語ファイルもインストールします。

KDE と Firefox の日本語言語ファイルは含まれています。

Netrunner Desktop 17.01 ベースの Debian Stretch では
Fcitx を問題なく使用可能です。
(Debian パッケージの KDE Plasma 5 もほぼバージョンが同じです)

 

$ sudo apt install fcitx-mozc libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

 

これで ログアウト→ログイン または Netrunner を再起動 して下さい。


ドロップダウンターミナル

右下の水色アイコンはドロップダウンターミナルを表示させますが、

日本語化を行った後に起動すると、クラッシュ動作が発生します。

これを使用せずにアイコンは非表示にすると良いでしょう。

Konsole などでターミナルは使用できます。