Deepin

Deepin Technology Community (英語)

 

中国発の Linux。独自の Deepin デスクトップ環境 が採用されているため、

世界的には意外と注目があります。

2017年1月に Web サイトが変化しているのでご注意下さい。

 

Wuhan Deepin Technology Co.,Ltd. | GitHub

 

Deepin は GPLv3 などのライセンスを採用して、ソースが公開されています。

そのため悪質なコードが含まれている懸念は低いです。

Deepin 15 系は Debian unstable(testing ?)リポジトリをベースに

独自リポジトリで公開されていますが、

ある特定日の状態を同期し、セキュリティ更新などの更新に留めています。

 

Planning | Deepin Technology Community (英語)

 

2017 年は 15 系での更新に留まるようです。

運営者が日本語翻訳を支援しているため、

15.4 で日本語が改善される可能性があります。

 

2017年1月に改めて Deepin 15.3 での動作確認を行っています。

現在その情報で記載しています。Deepin 15 系で共通です。

2014.3 以前は Ubuntu ベースのため、違いがあります。ご注意下さい。


ISO のダウンロード・書き込み

Files - deepin | SourceForge

 

ミラーがいくつかあり、その一つに SourceForge があります。

SourceForge は日本で JAIST がミラーしています。

そのため素早いダウンロードが可能です。

 

公式サイトで公開されている日本のミラーは次があります。

 

Tsukuba WIDE Public Mirror

KDDI研究所

 

ISO は DVD 向けです。USB メモリではそのまま入れた場合に起動できません。

以前は Unetbootin を使用して起動できましたが、
運営者が最近試して起動できませんでした。

以前は USB メモリ書き込み用の専用ツールが公開されていましたが、

Web サイトのリニューアル後、公開されていない状況になっています。


インストール

Deepin は現在もライブ動作しません。ISO からはインストーラーが起動します。

インストーラー手順は短く、すぐにインストールできます。

日本語で表示し操作可能です。

 

ISO 起動時。起動に問題がある場合は

Deepin Failsafe で確認して下さい。

 

言語選択。にほんご があります。

なぜかひらがなです。(改善を要請済)

 


手順1. アカウント名・パスワードと

コンピュータ名を入力します。

英語キーボードになっている事に注意。

 

手順2. インストール先を指定します。

エキスパートモードは運営者が試して

正常にインストールできていません。

 


英語キーボードは変更してもインストール後は英語キーボードになっています。

 

通常インストールした場合は MBR にブートローダーをインストールします。

GRUB 2 で他の OS も検出しているので、その点では安心でしょう。

他の Linux で GRUB を管理している場合、
その Linux を起動して update-grub すれば良いですが、

Deepin 自身のパーティションに boot(GPT の場合は esp)フラグを付けるので

GParted などでフラグを解除する必要があります。

 

インストール画面。

上にインストール進捗度が出ています。

インストール完了。

ボタンを押して再起動します。



日本語化

インストールは日本語で行う事で、最初の起動から日本語表示になります。

入力メソッドは入っていませんが、apt を使用でき、

fcitx-mozc などを容易にインストール可能です。

 

まずは 英語キーボード のままなので、日本語キーボード に設定します。

 

コントロールセンター アイコンをクリックすると

右にメニューが表示されますので、キーボードおよび言語 を選択します。

 

キーボードの項目から を押すと A〜Z でキーボードの種類が表示されますが、

なぜか R日本語 が含まれています。(J ではありません)

日本語 を選択した後、上にある「テスト領域」で Shift+2 で " が表示されるなど、

正常に日本語キーボードで動作している事を確認して下さい。
(英語キーボードは Shift+2 で @ になります)

英語のままになっている場合は、一度他に変えてから 日本語 に戻します。

 

ターミナル を起動し、次のコマンドを実行していきます。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt-upgrade

 

2017年1月現在、900 を超えるパッケージになります。少し時間を要します。

 

$ sudo apt install task-japanese task-japanese-desktop fcitx-mozc

$ im-config -n fcitx

 

ここまで行ったら ログアウト→ログイン または Deepin を再起動 して下さい。


Deepin デスクトップ環境

Deepin | デスクトップ環境

 

Deepin デスクトップ環境としては他の Linux と共通動作になるため、

別途別ページにまとめてあります。


Google Chrome

標準ブラウザに Google Chrome が採用されています。

しかし、32 ビットではすでに更新が行われていません。

64 ビットも更新が遅いです。

 

派生元の Chromium を使用するのが一つの解決方法です。

 

$ sudo remove google-chrome-stable

$ sudo install chromium chromium-l10n

 

また、64 ビットでは Google Chrome 公式サイト から
.dep パッケージをインストールする事で

公式リポジトリを追加し、最新状態を保つのも有効です。

 

なお、他のブラウザを使用する場合、
Firefox はバージョンが古く、言語パッケージのバージョンが異なっているため、

Debian が標準採用する ESR 版をインストールするのがおすすめです。

 

$ sudo apt install firefox-esr firefox-esr-l10n-ja