Manokwari

 

マノクワリ


GTK+3

ビデオカード・ビデオチップ 3D 対応推奨


左上のアイコンを押すと左サイドバーでメニューが表示される。終了メニューもここに。
左上のアイコンを押すと左サイドバーでメニューが表示される。終了メニューもここに。
右端にカーソルを動かすと右サイドバーが表示される。
右端にカーソルを動かすと右サイドバーが表示される。

Manokwari の読みは「マノクワリ」。インドネシアにある地域名。

ほぼローマ字読みなので読みやすいだろう。

 

GNOME 3(GNOME Shell)がベース。そのため 3D 推奨となる。

macOS のような下部のアイコン表示(明確な名前はないようだ)と

メニューを表示する左サイドバー、各種操作を行える右サイドバーが特徴的。

 

BlankOn で採用されている。

ソース公開が行われているので、後に他でも採用されてくるかもしれない。


下のアイコンへ追加・削除する

メニュー表示で追加したいアイコンを 右クリック し、
Add to Desktop をクリックすると追加できる。

削除はアイコンを持つとゴミ箱が表示されるので、

ここへドラッグ&ドロップする。

なお、このアイコン一覧の場所は下固定。

また並びはアプリ名で固定されていて、場所を移動させる事はできない。

(専用の設定画面も存在していないようだ)

またアプリを最大化すると隠れてしまう仕様となっている。

 



入力メソッド

IBus は正常動作しない。おそらく GNOME 3 の影響を受けているようだ。

Fcitx など、他の入力メソッドは使用できる。

ちなみに BlankOn では標準で SCIM が起動されるようになっている。