i3

 

アイスリー


i3 の動作例。ウインドウは通常画面いっぱいに表示され、アプリ起動によって分割される
i3 の動作例。ウインドウは通常画面いっぱいに表示され、アプリ起動によって分割される

i3 - improved tiling wm

 

タイル表示式のウインドウマネージャー。
開発者・上級者向けを主なターゲットとして開発されている。

マウス操作でのメニュー表示は自身に備わってないため、

キーバインド、つまりキーボードショートカットでの操作が前提となっている。

キーボード派の海外利用者に i3 を利用するユーザーが急速に増えてきた。

パッケージ追加直後の i3。下部の状態表示がある以外は何も表示されない
パッケージ追加直後の i3。下部の状態表示がある以外は何も表示されない

設定ファイル

設定ファイルは ~/.config/i3/config または ~/.i3/config です。

存在しない状態で i3 を起動した場合は

i3-config-wizard が起動され、設定ファイルを生成します。

 

テンプレートとなる設定ファイルとして

/etc/i3 に config および config.keycodes が存在します。


任意のアプリを自動起動する

i3 を起動した時に任意のアプリを自動起動したい場合、

config に exec アプリ名 の行を追加します。(& は不要です)


キー操作

i3 の初期状態での操作は次のとおりです。

i3 を採用している Linux では独自に割り当てを行っている場合があります。

そのため、キー操作が変更されている場合があります。

起動時画面に表示されている場合もあります。(背景画像または Conky など)

 

mod は通常 Alt キー または Super(Windows または command)キーです。

 

追加・変更したい場合は設定ファイル config を編集して下さい。

 

キー 動作
mod + Enter(return) ターミナルを起動
mod + j (←) 左へフォーカスを移動
mod + k (↓) 下へフォーカスを移動
mod + l (↑) 上へフォーカスを移動
mod + ; (→) 右へフォーカスを移動
mod + スペース フォーカスの切替
mod + Shift + j (←) 左へウインドウを移動
mod + Shift + k (↓) 下へウインドウを移動
mod + Shift + l (↑) 上へウインドウを移動
mod + Shift + ; (→) 右へウインドウを移動
mod + f 全画面表示の切替
mod + v ウインドウを縦に並べる
mod + h ウインドウを横に並べる
mod + r サイズ変更モードの切替
mod + e ウインドウ分割表示 (デフォルト)
mod + s 重ねて表示
mod + w タブ切替表示
mod + Shift + スペース フロート表示の切替
mod + クリック フロート化したウインドウの移動
mod + 0〜9 ワークスペースの切替
mod + Shift + 0〜9 ワークスペースへ移動
mod + d ランチャー dmenu を表示
mod + Shift + q ウインドウの強制終了
mod + Shift + c 設定ファイルの再読込
mod + Shift + r i3 の再起動
mod + Shift + e i3 を終了

※ フロート = 標準的なウインドウ表示状態にする事。手前に表示されます。


Super キーが動作しない場合

多くの場合、初期状態では mod が Super キーに割り当てられています。

Super キーは Windows キーまたは command キーの事です。

 

これは VirtualBox のゲスト OS で使用する場合、

Super キーを伝えずにホスト OS 側で処理してしまう場合があります。

一部キーボードでは Super キーそのものが存在しません。

この場合、次の手順を行って下さい。

 

他の Linux が存在しない場合は起動した後 Ctrl+Alt+F2 で TTL に入ります。

~/.i3/config を編集します。TTL ならば nano が良いでしょう。

 

$ nano ~/.i3/config

 

次の行を見つけます。

 

set $mod Mod4

 

Mod4 を Mod1 に変更して下さい。

 

set $mod Mod1

 

これで mod キーは Alt キーに割り当てられます。

TTL では sudo reboot で Linux を再起動して下さい。