日本語化・初期設定

Linux の系統によって、

インストール後の日本語化や初期設定の手順はほぼ一緒になります。

ここでは未知の Linux でも日本語デスクトップにして使用できるように

その手順をまとめています。

 

この手順に当てはまらないケースが一部存在します。


共通事項

日本語が文字化けしている場合、
VL ゴシック または IPA フォント をインストールして下さい。

このフォントは fontconfig のシステムフォントとして記載されているため、

インストールするだけで日本語フォントが改善します。

 

端末・ターミナルを起動します。

デスクトップ操作が困難な場合は Ctrl+Alt+F2 を押し、
TTL 画面からログインし、操作して下さい。その後再起動します。

 

$ LANG=C sudo apt install fonts-vlgothic (Debian・Ubuntu の場合)

$ sudo reboot

 

Arch Linux

Arch Linux の派生では日本語表示ができている場合が多く、
最低限必要な操作は入力メソッドのインストールと設定になります。

一部ミラーサーバの設定が必要な場合があります。

 

$ sudo pacman -Syu

 

日本語表示がおかしい場合は

VL ゴシック または IPA フォント をインストールするとすぐに改善できます。

 

$ sudo pacman -S ttf-vlgothic (VL ゴシック)

$ sudo pacman -S otf-ipafont (IPA フォント)

 

fcitx-mozc をインストールします。

 

$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-configtool fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4 fcitx-qt5

$ sudo pacman -S kcm-fcitx (KDE を使用する場合)

 

その他 Firefox や LibreOffice などアプリで
日本語パッケージのインストールが必要な場合があります。

 

~/.xprofile がない時は生成、ある時は追記します。

 

export GTK_IM_MODULE=fcitx

export QT_IM_MODULE=fcitx

export XMODIFIERS=@im=fcitx

fcitx-autostart

 

ログアウト→ログイン、または Linux を再起動 します。

 

Debian

Debian 7 wheezy を使用する場合、

apt コマンドは使用できないため、代わりに apt-get で使用して下さい。

 

メタパッケージ task-japanese-desktop で必要最低限の日本語環境を整えられます。

これだけで Firefox ESR 版・uim-anthy/Mozc・VL ゴシック などをインストールします。

task-japanese も加えておくと、CLI 環境も整います。

 

apt update

# apt dist-upgrade

apt install task-japanese task-japanese-desktop --install-recommends

 

必要に応じて fcitx-mozc などを追加インストールして下さい。

ただし年数が経過している環境では Mozc より Anthy が良いかもしれません。

現在 IBus・Fcitx は uim より優先的に起動する設定になっているため、

im-config を実行しなくても起動されます。

 

# apt install chromium-l10n (Chromium が入っている場合)

 

インストール後は ログアウト→ログイン、または Linux を再起動 して下さい。

 

Fedora・Red Hat 系

Fedora および Red Hat 系の最新では

日本語表示はもちろん日本語入力 (ibus-kkc) が可能になっています。

そのため、インストール後、すぐに使用できます。

 

IBus を採用しているため、全角入力は一度アイコンから
かな漢字(Kana Kanji) を選択して下さい。

 

Linux Mint

日本語表示は可能です。

ネット接続した状態でインストールした場合、

最新版では fcitx-mozc もインストールされます。

 

apt での操作

Linux Mint の apt は標準で推奨パッケージをインストールしません。

--install-recommends を付けて下さい。

 

$ apt update

apt dist-upgrade

$ apt install fcitx-mozc --install-recommends

$ im-config -n fcitx

 

Slackware

通常日本語表示は可能になっています。

パッケージ管理として Salix 系は slapt-get を通常用います。

そうでない Slackware 系は slackpkg を用います。

 

 

scim-anthy がインストールされていなければインストールします。

パッケージ提供されているのは scim-anthy がベストです。

(fcitx-mozc も使用できますが、SlackBuilds.org からソースでビルドを要します)

 

 

# slackpkg install scim-anthy

# slapt-get --install scim-anthy

 

LibreOffice が入っている場合は一緒にインストールします。

 

# slackpkg install libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

# slapt-get --install libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

 

SCIM の設定は 2 種類です。全ユーザーで有効にするには、次を実行します。

 

# chmod +x /etc/profile.d/scim*

 

またはホームフォルダに .xprofile を生成し、次を含めます。

この場合は生成したユーザーで有効になります。

 

export GTK_IM_MODULE=scim

export QT_IM_MODULE=scim

export XMODIFIERS=@im=SCIM

/usr/bin/scim -d

 

ログアウト→ログイン、または Linux を再起動 して下さい。

 

Ubuntu (除 Linux Mint)

言語サポート (Language Support)

Ubuntu パッケージで提供されている 言語サポート(Language Support)は
言語別に不足しているパッケージをインストールしてくれます。

入力メソッドの設定も含まれていて、容易に日本語化・初期設定を行えます。

 

インストールされていない場合は language-support-gnome でインストールします。

実行は gnome-language-support です。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt dist-upgrade

$ sudo apt install language-support-gnome

$ gnome-language-support

 

インストール後は ログアウト→ログイン、または Linux を再起動 して下さい。

 

apt を使用する場合

例えば次の手順となります。

 

$ sudo apt update

$ sudo apt dist-upgrade

$ sudo apt install language-pack-ja language-pack-gnome-ja fcitx-mozc

$ sudo apt install firefox-locale-ja (Firefox が含まれている場合)

$ sudo apt install chromium-browser-l10n (Chromium が含まれている場合)

$ sudo apt install libreoffice-locale-ja (LibreOffice が含まれている場合)

$ sudo apt install language-pack-kde-ja (KDE を使用する場合)

$ im-config -n fcitx

 

インストール後は ログアウト→ログイン、または Linux を再起動 して下さい。