Grub Customizer

Grub Customizer | Launchpad

 

GRUB 2 上の様々な機能を GUI 上で編集できます。

  • GRUB の各種設定を GUI 上からまとめて設定できます。
  • メニューを完全に編集・並べ替えできます。
    OS が生成するメニュー項目を無効にする事も可能です。
  • 例えば Ubuntu 公式フレーバーはすべて同じ Ubuntu になってしまいますが、
    項目名を任意に設定し、区別して表示する事ができます。
  • パーティションが多い程、自動生成(update-grub)に時間を要しますが
    他 OS の検出(OS prober)を無効にできるので、処理時間を改善できます。
  • Frugal インストールの Linux は自動生成対象外で手動の追加を要しますが
    容易に項目を追加し、起動可能です。

インストール

Ubuntu では apt でインストールできます。

 

$ sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer

$ sudo apt update

$ sudo apt install grub-customizer

      

Ubuntu 以外の Linux でも使用できますが、ソースからのビルドが必要です。
(一部 Debian で .deb からインストールする方法が記載されていますが、
 依存関係の違いによりインストールできない事を運営者が確認しています)

 

MX Linux

標準でインストール済みです。すぐに使用する事ができます。


リスト設定

起動すると現在の GRUB メニューの状態が表示されます。

現在の GRUB 設定が左、これはそのまま GRUB メニューの一覧になります。

削除は右に一度移動されます。そこから戻す事が可能です。

そのため、一時的にメニューから外す事ができます。

各種項目はこのような表示になります。上画像は タイプ を Linux にした場合です。

  • タイプ - Linux/Linux-ISO/Chainloader/Memtest/その他/(スクリプト・コード)
  • パーティション - パーティションを選択すると下の項目も自動的に入ります。
  • RAMディスク初期化 - initrd ファイル。初期値は /initrd.img です。
  • Linux Image - vmlinuz ファイル。初期値は /vmlinuz です。
  • カーネル・パラメーター - 多くの場合「ro」だけで起動するでしょう。 
  • Boot sequance - 上設定をフル表記します。存在しない項目も追加できます。

RAMディスク初期化・Linux Image の初期値は
Debian・Ubuntu 最新カーネルのシンボリックリンクになっています。


一般

  • デフォルト エントリー - 指定した OS が起動時選択された状態になります。
  • メニュー表示 - 外した場合はデフォルトエントリーで起動しようとします。
  • 他のOSを探す - 外すと他 OS の自動検索を対象外にします。※
  • Boot default entry after 〜 - 自動起動するための秒数を指定します。
  • カーネル・パラメーター - 全項目に共通する起動オプションを指定します。
  • 高度な設定 - /etc/default/grub の各項目を具体的に設定できます。

※ 外す事で他パーティションの自動検出がなくなり、
  update-grub の処理速度が短縮されます。
  リスト項目への追加は設定に関係なく タイプ=Linux で追加可能です。


外観

  • カスタム解像度 - 起動時の解像度を指定します。
  • Theme - GRUB のテーマを設定します。
  • Custom Theme settings - 各種色とフォント・背景画像を指定します。
  • 高度な設定 - /etc/default/grub の各項目設定。一般と同じ表示です。

うまく動作しない場合

状況によってはすでに存在している項目を Grub Customizer が更に追加し、

同じ項目が二重になって動作に問題が発生する事があります。

/etc/default/grub を直接テキストエディタで開いて確認してみて下さい。


アンインストール

Grub Customizer のアンインストールはパッケージの削除のみに留めていて、

元の GRUB 動作の戻す手段が正式には提供されていません。

 

Grub Customizer の管理を他の Linux へ移した場合、

その Linux で GRUB を動作させる事がないのであれば、

わざわざアンインストールする必要はありません。そのまま放置でも構いません。

 

Grub Customizer は初回起動時に

/etc/grub.d/backup へ元の GRUB 情報を残しています。

アンインストールする場合、これらを戻してから GRUB を更新しなおして下さい。

例えば Ubuntu の場合は次の手順となるでしょう。

 

$ sudo apt remove grub-customizer

$ sudo cp /etc/grub.d/backup/boot_grub /boot/grub

$ sudo cp /etc/grub.d/backup/etc_grub_d /etc/grub.d

$ sudo cp /etc/grub.d/backup/default_grub /etc/default/grub

$ sudo update-grub