Ubuntu Desktop Image

(Ubuntu Desktop)

 

ウブントゥ


LTS 対応: 16.04 5年 (2021年4月) / 14.04 5年 (2019年4月) / 12.04 5年 (2017年4月)

Ubuntu (Desktop Image) 16.04 LTS。ランチャーが下に表示できるように
Ubuntu (Desktop Image) 16.04 LTS。ランチャーが下に表示できるように
Ubuntu (Desktop Image) 16.10 LTS。左ランチャーがデフォルト。Unity 7 最後になるか?
Ubuntu (Desktop Image) 16.10 LTS。左ランチャーがデフォルト。Unity 7 最後になるか?

 

Ubuntu

Ubuntu となかまたち - 運営者による Ubuntu・フレーバー紹介サイト

 

他のディストリビューションとは違う独自路線を歩む Ubuntu、
しかし、その知名度は大きく、今や Ubuntu からの派生も
公式・非公式を含めて多くなってきている。

 

パソコン向け以外にもモバイル等で提供がはじまっている事,

また、フレーバーも豊富になった事もあり、
初期から長く利用されている Ubuntu は
現在は Ubuntu Server や Ubuntu Phone などと区別するため、

「Ubuntu Desktop Image」や「Ubuntu Desktop」と表記する場合がある。

 

なお、公開当初は Ubuntu Linux と表記する事があったが、
現在は「Ubuntu」の名称で十分な知名度があるため、
Ubuntu Linux と表記される事はほとんどない。
(Ubuntu Japanese Team は ubuntulinux.jp のドメインを引き続き使用する)

 

Ubuntu はデスクトップ環境として Unity を採用する。
ランチャーは左固定のため、ワイド画面には最適な場所だが、
1024×768 ではブラウザ表示に影響があるので、隠す事になるだろう。
また、ランチャーにないアプリはキーボードで入力する必要があり、
それが不評を得ている要因の一つであるようだ。

 

それ以前からも Ubuntu は最新鋭の環境を求めていたため、
他のディストリビューションに比べて動作が重い状況だった。
現状でも古い環境からの導入はおすすめできないが、
知名度によって入れてしまう初心者も少なくないようだ。


Unity 8 デスクトップ (+Mir)

左は従来の Unity 同等ランチャーがある。解像度によって自動的に隠れる。
左は従来の Unity 同等ランチャーがある。解像度によって自動的に隠れる。
右上の電源アイコンをクリックするとこのような表示になる。設定・ログアウト関連。
右上の電源アイコンをクリックするとこのような表示になる。設定・ログアウト関連。

 

近い将来、Ubuntu Desktop Image で採用されている Unity は
Unity 8 へ更新される予定がある。

従来の Unity は GNOME 3(GTK+3) ベースだったがm

Unity 8 は Qt5 ベースであり、一から作りなおされている。

左のランチャー表示はそのままに、右に設定・ログアウト関連の表示を行える。

 

Unity 8 に合わせて、長く採用されていた X Window に代わって Mir を採用する。


デスクトップ環境(フレーバー)の追加

Ubuntu のフレーバーは全体の環境を変更させます。
Ubuntu から apt で他のフレーバー(デスクトップ環境)を入れると、
ログイン画面から変化してしまい、Unity の表示にも悪影響が生じます。
デスクトップ環境のみを入れる事もできますが、
ログイン画面に戻すとセッションの選択が困難になる等、

何だかの問題が発生します。

こうなった場合クリーンインストールしなおすのが一番はやいでしょう。

 

Ubuntu・フレーバーはまともに使用する場合

異なるパーティションで個々にインストールして

利用する事を強くおすすめします。

 

複数のデスクトップ環境を入れ、
切り替えて利用したい場合は派生元の Debian をご検討下さい。

FedoraopenSUSE も可能です。