SolydXK

 

ソリド エックス ケー


SolydX。Xfce がデスクトップ環境。Linux Mint の影響を受けてレイアウトも同等になっている
SolydX。Xfce がデスクトップ環境。Linux Mint の影響を受けてレイアウトも同等になっている
SolydK。KDE 4 がデスクトップ環境。Enthusiast’s Editions では Plasma 5 になっている
SolydK。KDE 4 がデスクトップ環境。Enthusiast’s Editions では Plasma 5 になっている

 

SolydXK

 

SolydXKjp - 運営者による日本語支援サイト

 

Debian ベースで Xfce デスクトップ環境の SolydX、

KDE デスクトップ環境の SolydK を総称して SolydXK と呼ぶ。

元々 Linux Mint Debian Edition の非公式版として
公開したのを独立 Linux 化しているため

2015年1月までは LMDE 1 と同様 Debian Testing をベースに

独自でリボジトリ管理を行い、

ローリングリリースでパッケージ更新が行われていた。

2015年1月からはプロジェクトリーダーの作業軽減などから

Debian リボジトリを直接参照する Jessie ベースと変化している。

合わせて公式公開は 64 ビット版のみとなり、

32 ビット版は他メンバーが公開する Community Edition 扱いとなった。

 

201602 よりフラットデザインの外観になり、ロゴなどに変化が発生している。

これは Plasma 5 のデザインを反映するのと、最近の流行に合わせたもの。

 

最近は SolydXK 独自仕様も増えてきており、
Linux Mint とも異なる独自の Linux に成長してきている。

 

2014年に運営者が日本語対応の支援を行い、
インストールで日本語パッケージと fcitx-mozc の導入が行われるようになった。

従来サーバが欧米にしかなかったため、

日本を中心としてアジアでのダウンロードを改善するため、
2015年11月 OSDN 内に 日本語サポート を設置し、ISO を置き始めている。

なお、libdvdcss・w32/w64codecs は2014年より ISO からなくなっていて、

これによって日本からの配布も可能になった。

インストール時間を短くする狙いも兼ねて、
2015年12月より 日本語 ISO がコミュニティ版扱いで公開されている。

 

スペックが高めのため、Windows XP からの移行はあまり受けられなかったが、

他の Linux と比較して SolydXK のメリットを感じる人もいるようで、

実際に使用を行っている日本ユーザーも出てきているようだ。

運営者はプロジェクトの状況と反応の薄さから一度サイトを閉鎖していたが、

意外と反響があった事を後に把握し、サイトを復活させる状況に至る。