MX

(MX Linux・MX-16・MX-15・MX-14)


エムエックス


MX-16。ダークテーマを採用しているが変更可能。日本語表示はライブ起動から可能
MX-16。ダークテーマを採用しているが変更可能。日本語表示はライブ起動から可能

 

MX Linux | MX & Mepis Community

 

MEPIS と antiX - 運営者による MEPIS・antiX・MX Linux 情報 

 

Debian ベースの MEPIS および antiX がコラボで開発。

MEPIS の "M" と anthX の "X" で MX と名付けられている。

その 2014 年版として初めて公開されたのが

Debian Wheezy ベースの MX-14 だ。

 

MX Linux の位置づけは「MEPIS および antiX の特別版」という扱いのため、

MEPIS・antiX それぞれのサイト内で紹介を行っている。
そのうち DistroWatch では antiX に含まれているため、

「antiX MX」という表記になっている。

MEPIS および antiX は日本語化が容易ではないので紹介をしていない

 

公式的には「MX」「MX Linux」などの名称で公開されている。

2015年クリスマスに Debian Jessie ベースの MX-15 が公開された。

近く MX-16 も公開される。MX-15 から MX-16 へは更新可能。

 

標準のデスクトップ環境は Xfce を採用。

これは MEPIS(KDE)も antiX(Fluxbox・IceWM・JWM)も使用していない。

デフォルトデザインは比較的フラット。パネルは左に置いてあるのが珍しい。

もちろん下にパネルを置く事も可能。(MX-15 からはツールも存在する)

 

従来 antiX や MEPIS は日本語対応に乏しく、日本語化が容易ではなかった。

その一方で MX は日本語を含んだフォントを採用したため、

日本語で利用する前提でも比較的反応が良い。

 一方で meta package も日本語環境の現状を踏まえずに対応し、

現状ではそのまま適用してもパッケージの追加・削除が必要となっていた。

 

そこで、運営者が MEPIS・antiX のフォーラムに入り、

日本語の翻訳、meta package の調整、

日本語キーボードの問題改善に対応・調整し、

2014年6月公開の MX-14.1 からこれが反映された。

インストーラーも日本語化され、

メタパッケージを適用するだけで日本語化が完了し、

素早く日本語で使える環境になった。

 

メタパッケージの適用で Iceweasel・LibreOffice の日本語化、日本語入力が可能に
メタパッケージの適用で Iceweasel・LibreOffice の日本語化、日本語入力が可能に