Xfce

エックスエフシーイー

エクスエフシーイー


GTK+2→GTK+3 移行中

Xfce の一例
Xfce の一例

Xfce デスクトップ環境

 

ネズミがキャラクター。チューチュー。世界征服を狙っているらしい。


通常 Xfce をはじめて起動するとパネルを空にするか、
デフォルト設定にするかを訪ねてくる。
デフォルト設定にした場合は、OS X に近いパネル配置で、
アプリケーションは左上に配置される。

アプリケーションアイコンを移動し、パネルを下に持ってくると
Windows に近い表示にする事も可能だ。

 

Xubuntu 13.10 のデフォルト状態。下のアイコン一覧は一つのパネルで実現されている。
Xubuntu 13.10 のデフォルト状態。下のアイコン一覧は一つのパネルで実現されている。

 

透明度の設定も Xfce は細かく指定できる。

ウインドウを透かしつつ、アクティブになっているウインドウや

パネルは不透明表示にしたりする事も可能だ。

OS X みたいな透明度ある表示も Xfce である程度再現できる。

 

更新と共にメモリを消費するようになったため、
軽量としては評価されなくなってきているが、
カスタマイズによっては Xfce を気に入る人もいるかもしれない。

 

なお、Xfce は元々 GTK+2 系を採用するデスクトップ環境であったが、

2015 年に公開された Xfce 4.12 より順次 GTK+3 への対応・移行が行われている。


コンポジット処理 (半透明・影)

年数が経過している環境(特に Windows XP プレインストールパソコン)では

ウインドウマネージャー (詳細) にある コンポジット処理 を無効にすると

半透明・影効果はなくなるが、動作が軽くなる。


Windows XP〜7 風のメニューを使用する

 

Linux Mint Xfce 版や SolydXXubuntu でも 14.04 から採用されている

Windows XP〜7 風のメニューは他の Xfce 環境でも導入可能だ。

名称は Whisker Menu。
入っていない場合は下のサイトからパッケージ・ソースをインストールできる。

 

Whisker Menu

 

Xfce 4.12 で正式にプラグイン追加されている。

現在の Linux ではパッケージに採用される事が多く、使用可能な環境が増えた。