Openbox

 

オープンボックス


Openbox のみの場合、何もでてこない状態で正常。右クリックでメニューが出てくる
Openbox のみの場合、何もでてこない状態で正常。右クリックでメニューが出てくる

Openbox

 

Openbox が提供されるのは、

ウインドウの外観やメニュー表示の部分に限定される。
それ以外の機能は他のデスクトップ環境を使用する。

LXDE と LXQt は通常 Openbox と一緒に使用する。

 

Openbox のみだとカスタマイズが大変だが、

多彩なウインドウ・メニュー表示が可能である。

CrunchBang は Openbox を標準採用し、「格好良い」要素を付加させた。

その流れは現在 BunsenLabs に継承されている。

 

CrunchBang が Openbox をメイン採用。上のパネル部分は tint2 を採用
CrunchBang が Openbox をメイン採用。上のパネル部分は tint2 を採用

 

メモリ使用量が少ないため、軽量なデスクトップ環境として採用される。

右クリックはメニュー、中央(ホイール)クリックでウインドウ切り替えと

操作性の珍しさはあるものも、パネル不要な操作性も支持がある。

 

Openbox 単体として提供されている場合、パネルは tint2 が採用される事が多い。