MATE

 

マテ


GTK+2→GTK+3 移行中

多くの MATE は GNOME 2 に近いレイアウト。この表示に喜んでいる人は意外と多い
多くの MATE は GNOME 2 に近いレイアウト。この表示に喜んでいる人は意外と多い

MATE Desktop Environment | MATE

 

GNOME 2 を引き継ぎ名称を変更したもの。
ちなみに名前の読みは「マテ」。

(マテ茶の「マテ」に同じ。マテ茶の原料 イェルバ・マテ から取られている)

 

Linux Mint 以外の環境で MATE を導入した時は
GNOME 2 同等の表示に出会う事が多いだろう。これが本来の MATE の状態だ。
一部名称が代わり、ミントカラーに変更されているのが目立つ。
GNOME 2 から大きく変更しているわけではないため、安定度もある。
GNOME 2 に代わって MATE を採用するディストリビューションも生じてきた。

Ubuntu フレーバーに仲間入りした Ubuntu MATE の誕生など、

多くのディストリビューションに影響を与えてきている。

 

Linux Mint の MATE は旧 Windows レイアウト。メニューは専用に作られた
Linux Mint の MATE は旧 Windows レイアウト。メニューは専用に作られた

 

Arch Linux ユーザーがプロジェクトを立ち上げているが、

事実上 MATE の名前を広めたのは Linux Mint だろう。

 

Linux Mint の MATE 版では更にカスタマイズし、
以前の Windows に近い表示を実現させている。

しばらくは MATE というと Linux Mint の MATE 版である
この表示を想像する人が出てくるかもしれない。

 

独自に採用されたメニュー mintMenu は

Linux Mint 以外のディストリビューションでも採用されるようになってきている。
Ubuntu MATE が MATE 環境に MATE Menu の名称で追加しているため、

mintMenu と MATE Menu は同等のメニューになる。

 

また Ubuntu MATE は MATE Tweak で切り替えが可能になっている。

今後 MATE は多彩なデスクトップで楽しめるようになりそうだ。

Ubuntu MATE が MATE と親密に連携しているため、

現在は Ubuntu MATE が MATE デスクトップを先導する状況になり、

Ubuntu と Debian のパッケージへも反映される状況になっている。

 

このように多方面のメンテナンスによって MATE は進化と変化が生じている。

GNOME 2 時代にはなかった MATE ならではの仕様も見られるようになってきた。

 

Ubuntu MATE では MATE Tweak でいろいろ外観を変更できる
Ubuntu MATE では MATE Tweak でいろいろ外観を変更できる

 

見た目上は GNOME 2 から機能を追加したような形になっているが、

動作ライブラリは順次 GTK+3 への移行を行っていて、

MATE 1.16 で GTK+3 への完全移行が完了する。

Ubuntu MATE 16.10 が MATE 1.16 を用いたはじめてのリリースになる。

その後 Fedora 25 Spin MATE-Compiz、Linux Mint 18.1 MATE と

順次採用されていく予定。

そのため、GNOME 3 初期の GNOME Classic に近い状態となってくる。

ただし、コンポジットや GPU を用いた線画の有無は設定できるため、

古い環境では大きく影響を受けず、継続利用できそうだ。(下参照)


動作を軽くする

MATE Tweak の左項目 ウインドウ の設定を変更すると

CPU 負荷に影響が生じる事がある。

特に年数が経過している環境では、ウインドウマネージャー の項目で

Macro (コンポジットなし) を試してみると良いだろう。

3D 対応環境は Macro (Compton GPU コンポジット) になっていて、

線画処理の一部 GPU で行うため、CPU 負荷は軽減されている。

3D 非対応の場合はこれを選択しない事。最悪固まってしまう。

Linux Mint MATE では同等の設定が デスクトップの設定 に存在する。

(元々 MATE Tweak は デスクトップの設定 から派生されている)

重い場合は Macro を試してみよう。