KDE Plasma 5

 

ケーディーイー プラズマ ファイブ


Qt5

ビデオカード・ビデオチップ 3D 対応推奨


KDE Plasma 5 の一例。日本語表示も整ってきている
KDE Plasma 5 の一例。日本語表示も整ってきている

Plasma Desktop | KDE

 

KDE の新バージョンとして 2014 年夏に公開された。

2016年10月に Plasma 5.8 LTS が公開され、一つの区切りとなっている。

 

外見的には KDE と操作性に大きな変化はなく
標準ではパネルにアプリのアイコンがおけない位。

開発面ではシステムトレイの仕様に変化があり、

一部のアプリでパネルにアイコンが表示できなくなっている影響を受けて

対応を行っているところがある。


Kubuntu
 がテストプレビュー版として Kubuntu 14.10 Plasma 5 を公開し、

Kubuntu 15.04 から Plasma 5 へ完全移行した。

追うように Fedora も Fedora 22 から Plasma 5 へ移行した。

Debian も testing で Plasma 5 へ移行している。

ただし安定重視となる Linux での採用は

openSUSE の2015年11月登場となる Leap 42.1 がはやいリリースだった。

(Kubuntu は2016年4月の 16.04 LTS、

 RedHat 系は 8 になってからなので更に遅い)

現在 KDE を採用している各ディストーションで

順次 Plasma 5 への移行が発生している。


新しいバージョン

次の Linux は比較的新しいバージョンの KDE Plasma を採用する。

  • Fedora - 開発版は特に新しいバージョンへ更新
  • KDE neon - KDE が管理・Kubuntu ベース。派生の Maui Linux も含む
  • openSUSE Tumbleweed - ローリングリリースで常に最新

Debian testing も新し目ですが、上の Linux より反映が遅い。

unstable で最新にしてあるが、その分不安定になる。


メニューの種類

KDE Plasma 5 では次のメニューが存在する。

変更したい場合は左下にあるメニューアイコンを右クリックし、Alternatives... を選択する。

 

アプリケーションランチャー

KDE4 から採用されている新たなメニュー。メニュー下がタブ切り替えになっている。

KDE Plasma 5 ではフラット表示になったが、操作性は大きく変化ない。

 

アプリケーションメニュー

カテゴリー別に選択する。古いバージョンの KDE に近い操作性のため、
古くから KDE を採用する Linux ではこちらを標準にしている場合がある。

Plasma 5 ではお気に入りがアイコン表示になっていて、
カテゴリ内のアプリへもアプリケーションランチャーより手順が少なくなり、
アプリケーションランチャーに負けない快適な操作性を実現している。

 

Application Dashboard

KDE Plasma 5 で新登場。全画面でメニュー表示を行う。

タブレットからタッチディスプレイによる操作を想定しているようだ。

この場合はパネル部分も大きく表示しておくと操作しやすい。


パネルへの起動アイコン追加

KDE 4 ではパネルに任意のアイコンを置く事ができたが、

KDE Plasma 5 では当初これを行う事ができなかった。

後にこれが対応され、KDE 4 同等に扱えるようになってきている。

 

なお Plasma 5 のパネルの追加には 2 種類存在する。

  • パネルに追加 - パネルのどこかに追加される。位置はパネルの設定から変更可能
  • ランチャーに追加 - ランチャー部に左から追加。起動するとタスクバー表示に変化
    Windows 7 以降に近い動作を実現させている

KDE の翻訳

KDE の更新が激しく、日本語翻訳が追いついていない状況のため、

翻訳支援者がいると歓迎です。

  • kde-jp メーリングリスト に参加します。
    保存書庫 を参照して手順の流れと最近の翻訳状況を確認して下さい。
    すでに翻訳作業を行っている人がいるかもしれません。
  • 最新の po ファイルは次のところから入手します。
    /trunk/l10n-support/ja/summit | KDE Source Repository
  • po ファイルを翻訳します。poedit などの専用ツールを用いるのが無難です。
  • kde-jp メーリングリスト に翻訳を行った旨と po ファイルを共有します。
    po ファイルは Dropbox などで良いようです。
  • 関係者が訓読・確認を行い、問題がなければ反映を行っていただけます。