Linux の ISO を生成する

Linux を生成する作業をリマスター(remaster)と言います。

これは製作した Linux を配布する事を考えがちですが、

それ以外にもバックアップ用途としても用いる事ができます。


生成方法

大きく 3 種類の生成方法があります。

  • あるパーティションの Linux を ISO に収納する
    通常公開される Linux はこの状態で生成されます。
    不要なファイルはツールによって削除してくれる場合がありますが、
    手動で削除しないといけない場合もあります。
  • 特定場所に ISO を展開し、chroot して編集し、再度 ISO 化する
    大きく変更を伴わない作業ではこの方法が可能です。
    ただしその ISO の完全な起動状態は生成してからでないと確認できません。
  • いくつかの選択によって ISO を生成する
    アプリ以外に最近はネット上で提供されるようになってきています。

生成ツール(リマスターツール)

これらの作業を容易に行えるツールをリマスタツール(Remastering Tool)または
リマスターソフト(Remastering Software)と呼びます。

 

こうしてみると、Ubuntu は特出してリマスターツールが存在しているため、
派生が多数存在している理由がここにある事も分かるでしょう。

 

Ubuntu

Debian・Ubuntu

SolydXK

PCLinuxOS

Mandriva 系

  • mklivecd - 一時期いくつかの Linux で採用

SUSE 系

汎用


参考情報