torrent・BitTorrent

P2P(Peer to peer) を用いたファイル転送サービス・プロトコルです。

BitTorrent はそれを実現するアプリの一つですが、総称的に使われます。

 

負荷分散のため、他から受け取ったファイルの一部を

別の他のところへ提供する仕組みになっているのが特徴です。

Linux では ISO ファイルのダウンロードで torrent 形式が提供されている事があります。

そのため、単に ISO ファイルの入手手段として使用されますが、

近くに居る相手(ピア)と接続する事で、短時間でダウンロード可能です。


libdvdcss を含む Linux

日本より libdvdcss を配布するのは不正競争防止法に触れる恐れがあります。

そのため、libdvdcss を含んでいる Linux を Torrent で入手する場合、

それを配布する行為も行うため、不正競争防止法に触れる恐れがあります。

使用する場合は必ず libdvdcss を含んでいるか確認して下さい。

分からない場合は直接ダウンロードするのが無難です。

 

Linux を入れよう では Linux 一覧 で紹介する Linux は最新版で含んでいません。

Linux メモ は含んでいる事を確認している場合、その旨注意書きをしてあります。

 

libdvdcss を含んでいるかを調べる

次の方法で調べられます。

  • /usr/lib 下に livdvdcss を含むファイルがある場合、それが libdvdcss 本体です。
    64 ビット版では /usr/lib64 下の場合があります。
  • apt などのパッケージ管理で libdvdcss を検索します。

なお、libdvdcss はそもそも VLC のライブラリですが、
VLC が入っているからといって libdvdcss が入っているとは限りません。
これらのパッケージは別になっています。

 

現在は libdvdcss を含まなくなった Linux

次の Linux は過去のバージョン(派生元)で libdvdcss を含んでいましたが、

現在公開されている最新版では含まれなくなっています。

  • BunsenLabs - 含まれません。派生元 CrunchBang は含まれていました
  • Linux Mint - 18 より含まれません。17.3 以前は no-codecs 版があります
  • SolydXK - 201407 より含まれなくなりました

BitTorrent アプリケーション

多くの Linux は BitTorrent アプリケーションが標準で入っています。

そのため、インストールする事なく、すぐに使える場合が多いです。

 

KTorrent

KTorrent - BitTorrent Client | KDE

 

Kubuntu や openSUSE Tumbleweed で KDE をインストールした場合など、

一部の KDE では KTorrent が入っている場合があります。

 

Transmission

Transmission

 

多くの Linux は Transmission を採用します。macOS でも使用できます。


使用手順

BitTorrent アプリケーションがインストールされていれば、使用するのはとても簡単です。

 

1. 拡張子 .torrent のファイル または

Torrent や BitTorrent とあるリンクを

クリックするか、ダウンロードします。

 

2. ブラウザからクリックした場合は

このような表示になります。

アプリが設定されている場合は開きます。

 


ここから下は Transmission での表示です。

 

3. 取得するファイル、ダウンロード先、

優先度などをここで確認・設定します。

開く をクリックします。

 

4. アプリの一覧に追加されます。

進捗状況と残り時間を確認して下さい。

完了後、削除に注意して下さい。

 


ピア数が 0 の場合

ピア数が 0 のままで全く進まない場合は提供している相手(ピア)がいません。

主に次の場合です。

  • 古いバージョンを入手しようとしている場合(最新版を確認して下さい)
  • 開発版を入手しようとしている場合(変化があり、公開される事は少ないです)

珍しい Linux はピア数が少なめです。
また、日本発の Linux は P2P の状況から公開されている事はほとんどありません。

これらの場合は近場のミラーサイトから直接ダウンロードするのが無難です。