CD・DVD へ ISO を書き込む

USB メモリの普及、パソコンの薄型化により光学ドライブをなくす状況から

使われる事は減ってきていますが、

Windows XP プレインストールパソコンの一部は USB メモリ起動が行えないため、
事実上必須手段でもあります。

 

Linux で公開されている ISO は基本的に CD・DVD 向けです。

700M バイトが CD へ書き込みできるサイズとなります。

4.7G バイトの DVD を超える ISO は少ないため、今のところ DVD が基準です。


CD・DVD・BD の種類

おおよそこの種類に分けられます。ドライブによって対応が異なります。

DVD は DVD-R・RW と DVD+R・RW が存在します。規格の違いです。

例えば DVD-R・RW しか対応していないドライブで DVD+R・RW は使用できません。

 

一度だけ書き込み可能。書き込んだら削除できない

 → CD-R・DVD-R・DVD+R・BD-R

 

書き込んだ内容を削除し、再度書き込みが可能

 → CD-RW・DVD-RW・DVD+RW・BD-RE

書き込んだ後の修正は行えず、追記するか、完全に消去して書き直します。

 

自由に読み書き可能(ランダムアクセス)

 → PD・DVD-RAM

Zip や MO に近い形でファイルアクセスを行えます。

PD はケース入りで専用ドライブです。(CD-ROM も使用可能)

DVD-RAM も初期はケース入りで PD と互換性がありましたが、

後にケースなしとなり、CD・DVD コンボドライブで使用できるようになっています。


外付け光学ドライブ

現在は USB 接続の外付け DVD ドライブが

DVD±R/RW・-RAM 対応でも数千円で入手できます。

内蔵ドライブが壊れてしまった場合でも代用でき、

ISO の書き込みと起動が可能です。

(Windows XP プレインストール機種では USB メモリより対応機種が多いです)

ネットショップや近場の中古パソコン売り場(ハードオフなど)を探してみて下さい。

 

USB 端子が 2 つになっていて、片方が電源供給用となっています。

電源側をパソコンの代わりに AC アダプタ供給にする事も可能です。

 

機種によってキーを押して起動したり、BIOS で起動順を設定する必要があります。

 

MX Linux

MX Linux インストール | MEPIS と antiX

 

MX Linux は外付け光学ドライブを使用した場合、

メニュー選択後の動作でカーネルの検出に失敗する場合があります。

この場合、起動オプションを付ける事で起動可能です。


Windows

Windows 7 以降、標準機能として備わっています。

コンピューター・エクスプローラーより ISO ファイルを右クリックし、

ディスク イメージの書き込み を選択します。


macOS (OS X・Mac OS X)

macOS は Mac OS X 当初のバージョンから

ISO の CD・DVD 書き込み機能が標準装備されています。

Finder から ISO ファイルを副クリック操作し、

ディスクイメージ "〜.iso" をディスクに書き込む を選択します。

 

ディスクユーティリティ を起動して行う方法もありましたが、

OS X 10.11 El Capitan 以降、できなくなっています。


Linux

多くの Linux では ISO を CD・DVD へ書き込みするソフトを備えています。

ライブ起動前提や特に軽量志向な Linux の場合は備えていない場合があります。

多くの場合、ファイルマネージャーで ISO ファイルを右クリックした時に

これらが表示されています。ここから CD・DVD の書き込みが可能です。

メニューでは マルチディア や サウンドとビデオ に含まれている事が多いです。

 

Brasero


運営者の経験上イチオシです。パッケージ名 brasero で入っているでしょう。

他のソフトで上手くいかない場合はインストールし、試してみて下さい。

  • 外付け光学ディスクドライブを認識します。
  • 700M バイトギリギリの ISO を CD-R・RW へ正常に書き込みできます。
  • 日本語表示に対応しています。

 

K3b

KDE で含まれている事があります。

 

Xfburn


名称から分かる通り、Xfce 向けのツールですが、多くの Linux で採用されています。

DVD-RAM への書き込みは Xfburn で行う事が可能です。
(消去はできないようですが、上書きで書き込む事が可能です)


ディスクの消去

通常 CD-RW・DVD-RW・DVD+RW は消去しなくても

ISO を上書きで書き込んで起動できます。ツールによっては消去作業を行います。

動作に問題がある場合はディスクの消去を行ってみて下さい。

DVD-RAM も ISO を書き込んでいた場合は同等ですが、

異なるフォーマットで使用していた場合はフォーマットが必要です。

 

CD-RW・DVD-RW・DVD+RW はツールの消去機能が使えます。

DVD-RAM は対応している GUI ツールが存在していないようです。

 

うまく動作しない場合、コマンドラインでのフォーマット・消去を行ってみて下さい。

 

クイックフォーマット

DVD

$ dvd+rw-format -force /dev/dvd

 

CD

$ cdrwtool -d /dev/cdrom -q
$ cdrecord dev=/dev/cdrom blank=fast

 

完全消去

DVD

$ dvd+rw-format -blank=all /dev/dvd

 

CD

$ cdrwtool -d /dev/cdrom -b full
$ cdrecord dev=/dev/cdrom blank=all