GParted

 

GParted - GNOME Partition Editor

 

GParted はディスク操作アプリです。多くの Linux で採用されています。

ウインドウの上で横長に表示されるディスク状態は
多くのパーティションを明確に表示させます。

Windows の FAT・NTFS、OS X の HFS+ も含めて、

多くのフォーマット形式に対応しているのも特徴です。

GParted を使いこなせれば、ディスク管理は怖いものなし!?

 

運営者は各 Linux に GParted をインストールする程に多用しています。


基本操作

起動時は管理者のパスワードを尋ねられるでしょう。


起動後はディスク内を検索します。
パーティションが多い場合は時間を要するかもしれません。


起動後パーティションを右クリックすると作業項目が出ます。

メニューバー パーティション にも同じ項目があります。


空のディスクでは、まず メニューバー の
デバイス - パーティションテーブルの作成 を行うでしょう。


パーティションのコピー・移動などは操作手順として入ります。

そのため、すぐに実行される事はありません。

誤った場合は 左矢印 で1手順戻せます。


チェックマークのアイコンで操作手順を実際に実施します。

作業によっては数分〜数時間要する場合もあります。


操作する対象ディスクを指定する

複数のディスクを使用している場合、特にパーティションが多い場合は
ディスクの検索に時間を要します。

CLI で GParted を起動する時は具体的に対象ディスクを指定できます。

 

$ sudo gparted /dev/sda

 

これでにより対象ディスクのみを検索するため、検索時間が軽減されます。


ディスク破損を伴うバグ

古いバージョンの GParted は物理的にパーティションのコピーを行いますが、
このバージョンで MBR の基本パーティション(プライマリパーティション)と

拡張パーティション間をコピーすると

パーティション情報を破損させる場合がありますのでご注意下さい。

 

最新の GParted ではパーティションのコピーを e2image を使って処理します。

この場合は発生する心配はありません。


ext4 フォーマットがおかしくなるバグ

2016年秋ごろまでにカーネル 4.5〜4.8 付近で起動している Linux では

ext4 のフォーマットが適切に行われず、起動やマウントに失敗します。

(GParted 側ではなく、カーネル側の問題になります)

Ubuntu 14.04 LTS・16.04 LTS や Debian Jessie など

カーネル 4.4 以前を用いている Linux で ext4 フォーマットを行って下さい。


GParted Live

ライブ起動で GParted が自動起動します。
ハードディスク・SSD 内の Linux から起動すると
起動した Linux のパーティションは操作できませんが、
GParted Live の使用によって、ディスク内を完全に操作できます。

詳細は GParted Live ページで紹介しています。