Dropbox

Dropbox

 

クラウドサービスとして知名度があります。Linux でもアプリ使用が可能で、

Windows・macOS・iOS・Android 等とのファイル共有が可能です。

 

アプリを使用すると同期で CPU 負荷が発生します。

特に年数が経過している環境ではあえて Web で参照するのも手です。

Web アクセスで十分な作業を行う事ができ、

Dropbox のために数 GB の容量を費やす必要がなくなります。


アカウントの作成

Dropbox をまだ使っていないのであれば、下のリンクから作成して下さい。

通常 2GB の容量が 500MB 増えて 2.5GB になります。

 

Dropbox アカウントを作成


アプリのダウンロード

ダウンロード | Dropbox

 

Ubuntu・Debian の .deb、Fedora の .rpm とソースがダウンロードできます。

Linux でパッケージ管理されている場合もあります。

例えば Linux Mint では

natilus-dropbox・nemo-dropbox(Cinnamon)・caja-dropbox(MATE) が存在します。

問題点に独自対応している場合があるため、

パッケージが存在する場合はそのパッケージをインストールして下さい。


アイコンが表示されない

起動はされているようだけど、アイコンが表示されていない場合があります。

まずは次のコマンドを実行し、アイコンが表示される事を確認して下さい。

 

$ dropbox stop

$ dbus-launch dropbox start

 

正常に起動できている場合、

~/.config/autostart などで自動起動している Dropbox で
dbus-launch dropbox start -i と dbus-launch を加えてみて下さい。


別パーティションを Dropbox フォルダにする

Dropbox フォルダはユーザーのホームフォルダ以外でも指定する事ができます。

例えばマルチブートにしていて、共有領域を専用パーティションで用意している場合、

そこを Dropbox フォルダにする事が可能です。

Dropbox は自動起動になるため、

ユーザーレベルで対応する場合は自動起動でマウントするか、

気にしなくて良い場合は /etc/fstab に追加してマウントしておく事になるでしょう。

 

Linux のマルチブートにしている場合、

それが Ubuntu・Debian など、同じ系列でユーザーが同じになる場合は

ext4 の共有領域で使用するのが無難です。

 

Windows が使用している NTFS フォルダを共有領域にする事もできますが、

条件によって想定外の共有をする場合があり、注意を要します。


他の OS と使用する場合の注意

Linux と Windows・macOS ではファイル名の長さや使用できる記号が異なります。

また Linux は大文字・小文字の区別がありますが、Windows はありません。

macOS はフォーマットによって決定されます。

 

他の OS で扱えないファイル名担った場合、

記号で置き換えられたり、(〜〜〜) が付加されたファイル名になる場合があります。


管理ファイルが多くなった時

ある程度 Dropbox でファイル共有数が増えると、通知が表示されます。

(無料で使用している場合は増量していないと生じないでしょう)

これを確認した場合、次のコマンドを入れて下さい。

 

$ echo fs.inotify.max_user_watches=100000 | sudo tee -a /etc/sysctl.conf; sudo sysctl -p

 

100000 の値は必要に応じて大きな値にして下さい。

また、Dropbox 内を整理してみても良いかもしれません。

使わなくなっているフォルダを圧縮しておくだけでも効果的です。