Fcitx

Fcitx

 

正式な読みは「ファイティクス」。中国語では「小企鹅输入法」です。

中国では以前から標準入力メソッドとして定着しつつありました。

日本でも IBus 1.5 の不評から代わって Fcitx に人気が集まっています。

 

Ubuntu が Ubuntu GNOME を除くフレーバーで標準採用しています。


インストールと選択

Debian

wheezy より入っていますが、日本語の正式対応は jessie 以降になっています。

Fcitx が uim より優先されるため、im-config は必須ではありません。

 

# apt-get install --install-recommends fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-kkc

$ im-config -n fcitx

 

対応状況は次のとおりです。

  • fcitx-mozc - wheezy 以降
  • fcitx-anthy - jessie 以降
  • fcitx-kkc -  stretch 以降

Fedora

最新では Fcitx も入っています。

 

$ sudo dnf install fcitx-kkc fcitx-anthy

$ im-chooser

 

fcitx-kkc fcitx-anthy が含まれていますが、fcitx-mozc は含まれません。

 

openSUSE

パッケージは次のとおりです。

 

$ sudo zypper in fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-kkc

 

ファイル ~/.i18n に次の文を加えます。すでに存在している場合は変更して下さい。

 

export INPUT_METHOD=fcitx

 

Tumbleweed・Leap 共に fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-kkc いずれも入っています。

 

Slackware (派生を含む)

fcitx-mozc が使用できます。SlackBuilds.org からのビルドを要します。

slackpkg・sbopkg の場合は次のとおりです。

cmake はインストール済みの場合があります。

 

# slackpkg install cmake
# sbopkg -i ninja
# sbopkg -i zinnia
# sbopkg -i fcitx
# sbopkg -i fcitx-configtool
# sbopkg -i fcitx-mozc ←特にビルド時間を要します

 

slapt-get・slapt-src の場合(派生はこれが標準の場合が増えています)
slapt-src は依存関係も一緒にインストールするので、コマンドは短くなります。

 

# slapt-get -i cmake# slapt-src -i fcitx-mozc

 

~/.xprofile に次の文を含めます。SCIM などを使用していた場合は変更して下さい。

 

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=FCITX

 

/etc/profile.d/scim* を有効にして、全ユーザーで SCIM を有効にしていた場合は
次のコマンドで無効にします。

 

# chmod -x /etc/profile.d/scim*

 

Ubuntu

インストール 時に「●●● をインストール中にアップデートをダウンロードする」を

選択している場合、公式フレーバーと一部の非公式派生では

15.10 より fcitx-mozc をインストールします。

16.04 LTS 以降 言語サポート を用いた場合も対応しています。

ただし Ubuntu GNOME は IBus をインストールします。

 

$ sudo apt install fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-kkc

※ Linux Mint など一部の非公式派生は --install-recommends が必要です。

$ im-config -n fcitx

 

対応状況は次のとおりです。

  • fcitx-mozc - 14.04 LTS 以降対応 (正式には 13.10 以降対応)
  • fcitx-anthy - 14.04 LTS 以降対応
  • fcitx-kkc - 16.10 以降対応

VineSeed

Vine Linux 7 では fcitx-mozc を標準にする予定です。

VineSeed で Fcitx を使用する事ができます。

 

$ sudo apt install fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4

 

Vine Linux 6 ではパッケージに含まれていません。


Linux Mint スキン

fu-sen/fcitx-mint-skin | GitHub

 

運営者が Linux Mint に合わせたスキンを公開しています。

~/.config/fcitx/skin 内に mint-dark および mint-default を入れて下さい。

Fcitx アイコン のメニューより スキン で選択し、切り替えられます。