Plop Boot Manager

Boot Managers | Plop Website

 

USB メモリから直接起動できない環境でも

Plop Boot Manager を用いて USB メモリ の起動が可能です。

ここでは Plop Boot Manager を起動して、

Plop Boot Manager から USB メモリを起動する
最低限の手段だけ紹介しています。

  • フロッピー・CD/DVD・ハードディスク内のブートローダーから
    Plop Boot Manager を起動し、
    Plop Boot Manager から USB メモリにある Linux を起動します。
    この方法で USB メモリの Linux を直接起動できないパソコンでも
    起動できる場合があります。
  • DVD に対応していない CD ドライブ搭載のパソコンで
    大容量の USB メモリに入っている Linux を起動できるため、
    CD ドライブの容量を超える Linux を起動し、インストールできます。
  • CD/DVD よりも USB メモリは読み書きが高速です。
    USB メモリの使用で作業を快適にし、
    インストール目的の場合、インストール時間を短くできます。

運営者は GRUB 起動メニューにこれを入れて、

USB メモリの起動に対応していなかった旧 XP 環境で

起動できるようになりました。

 

Plop Linux Live にも入っています。


ダウンロード

Download | Plop Boot Manager

 

.zip を解凍します。

いくつかファイルがありますが、主に下のファイルを使用します。

ファイル名 種類
plpbt.bin バイナリー (ブートローダーから起動)
plpbt.img フロッピーディスクイメージ
plpbt.iso CD ISO

他にもファイルが存在し、

ハードディスクの MBR にインストールできたりします。


Plop Boot Manager のインストール

フロッピーディスク

USB 接続のフロッピーディスクでは

ハードディスクと同じ /dev/sdb などで認識されます。

(内蔵フロッピーディスクドライブは /dev/fd0 です)

dd で plpbt.img を 2HD フロッピーディスクへ書き込んで下さい。

 

$ sudo dd if=plpbt.img of=/dev/sdb

 

環境によって USB 接続プロッピーディスクドライブでは起動できない場合があります。

フロッピーディスクは年数が経過している場合が多いので、

ディスクの状態にもご注意下さい。

 

CD・DVD

Linux の ISO と同じ方法で plpbt.iso を書き込んで下さい。CD で十分です。

環境によって USB 接続の光学ドライブでは起動できない場合があります。

 

GRUB 2

/etc/grub.d 下にある 40_custom などに加えます。

sda1 の /boot/plpbt.bin を起動する場合は次のように記載します。

 

menuentry "Plop Boot Manager" {

    set root=(hd0,1)
    linux16 /boot/plpbt.bin

}

 

GRUB Customizer では その他 で追加して下さい。

update-grub で反映する事でメニューに表示されます。

 

GRUB 1・GRUB4DOS

menu.lst に加えます。

sda1 の /boot/plpbt.bin を起動する場合は次のように記載します。

 

title Plop Boot Manager
root (hd0,0)
kernel /boot/plpbt.bin

 

GRUB で起動できない場合

plpbt.bin の置き場所や GRUB の設定を再度確認して下さい。

  • /boot を別パーティションにしている場合、/boot 下へマウントしているので、
    そのパーティションの / 直下にある事になります。
  • NTFS パーティションでの起動に失敗している場合は
    起動 Linux の ext4 などに変更して下さい。

起動したい Linux を USB メモリへ

dd などを用いて USB メモリへ Linux を入れます。

これは各 Linux の通常行う手順で行って構いません。


起動と操作

Linux が入っている USB メモリを起動で認識する場合は外しておき、

Plop Boot Manager を優先的に起動するようにします。

 

フロッピーディスク起動の場合、直後は ........ と表示されて正常です。

数秒待った後に画面が表示されます。

 

画面が表示されたら、USB からディスク起動している場合は外して構いません。

代わりに Linux が入っている USB メモリを接続して下さい。

ここでメニューの USB を選択します。Linux が起動すれば成功です。

 

USB 選択直後に固まる場合

USB の起動直後固まってしまう場合、Setup - Bootmanager と選択し、

「Force USB 1.1」を Mode 1 にしてから起動を試してみて下さい。

 

ただし、この場合 USB メモリの転送速度が遅くなります。

それを特に実感するのは、起動メニュー実行直後、カーネルを読み込む段階です。

ここは CD・DVD 起動よりも時間を要する場合があります。

そのため、起動メニューを押してから数秒〜 1 分ほど待ちます。

進捗が分かるメニューを選択すると分かりやすいです。

 

文字が見難い場合

Setup - Bootmanager と選択し、
「Font」を Normal Font に変更すると、フォントが変化します。


初期設定を変更する

lpcfgbt - configure plpbt.bin | Plop Boot Manager

 

plpcfgbt を用いて plpbt.bin の初期設定を変更できます。

GRUB などのブートローダーでは起動オプションで一部設定できますが、

この方法を用いると項目が多く確実です。

また、メニュー表示を飛ばして USB メモリを起動するように設定できたりします。

  • 解像度の変更・テキストモードでの表示
  • 自動起動のオン・オフと時間設定
  • デフォルト起動の設定
  • Force USB 1.1 のモード設定
  • フォントの変更 など

変更した plpbt.bin を起動先に入れて下さい。


注意

Plop Boot Manager で認識するハードディスクは基本パーティション 1〜4 のみです。

(ディスク sda であれば sda1〜sda4 のみ)

拡張パーティションは対象外となっています。

拡張パーティションの設定がありますが、それでも 5 以降は表示されません。