fbpanel

fbpanel

aanatoly/fbpanel | GitHub

 

パネル機能です。一連のパネル機能を実現できます。

主にウインドウマネージャーと共に使用する事になるでしょう。

GTK+2 で生成されています。

 

公式サイトの document に記載している設定は一部誤りがあり、

また不足している項目があるのでご注意下さい。


起動

起動は fbpanel を起動します。通常は autostart に入るでしょう。

 

$ fbpanel &

$ fbpanel -p プロフィール名 &

 

default を別名に変更し、-p オプションで起動する事で複数のパネルを起動できます。

-p を省略した時は default が適用されます。


設定

サンプルとして default ファイルを参照して下さい。

パネルの左・上から順に記載していきます。

 

http://fbpanel.sourceforge.net/configs/default

 

設定 ~/.config/fbpanel/default などを反映した後は次で再起動します。

 

$ killall -USR1 fbpanel

 

global

そのパネル全般に反映される項目です。

 

Global {
    edge = bottom
    allign = center
    widthtype = percent
    width = 92
    heightype = pixel
    height = 48
    margin = 0
    transparent = true
    tintcolor = #ffffff
    alpha = 32
    setdocktype = true
    setpartialstrut = true
    autohide = false
    heightWhenHidden = 2
    roundcorners = false
    roundcornersradius = 7
    layer = above
    setlayer = false
    maxelemheight = 24
}

  • edge - 表示位置 left right top bottom デフォルトは bottom
  • Allign - パネル位置 left center irght デフォルトは center
  • WidthType - width の単位。pixel percent request デフォルトは percent
    request はウィジェットに応じて可変します
  • Width - 幅。デフォルトは 100
  • HeightType - height の単位。pixel のみ
  • Height - 高さ。デフォルトは 26
  • Margin - edge から左右の空白。デフォルトは 0
  • SetDockType - NETWM ウィンドウタイプを Dock に設定する。デフォルトは true
  • SetPartialStrut - ウインドウの最大化でパネル部分を隠さない。デフォルトは true
  • transparent = 透明化を有効にする。デフォルトは false
  • TintColor = 色 #RRGGBB形式 または red black など。デフォルトは white
  • Alpha = 透明度。0〜255。デフォルトは 127
  • autohide = パネルからカーソルを離した時に隠す。デフォルトは false
  • RoundCorners - パネルの角を丸くする。デフォルトは true
  • RoundCornersRadius - 角丸の半径。0〜25。デフォルトは 7
  • layer = パネル層の重ね方。above または below。デフォルトは above
  • SetLayer - パネル層を積ねるか。false の場合は WM ポリシーを継承。
    デフォルトはfalse
  • MaxElemHeight - プラグイン lementsの 最大高さ。10〜200。デフォルトは 200。
    アイコンやメッセージなどのプラグインは、より多くのスペースを持っている場合は、複数の行に要素を配置することができます。

Plugin

以下、各パーツを指定します。

  • type = plugin の種類。下に項目を記載しています
  • expand = 拡張スペースがある場合は拡張。デフォルトは false
  • padding = 周辺の空白。デフォルトは 0
  • config = type 別に定まっている設定をここに入れます

type = cpu

CPU 使用率を追加します。

 

Plugin {
    type = cpu
    config {
        Color = green
    }
}

  • Color = 棒を表示する色。#RRGGBB または black red など。

type = dclock

時間表示を追加します。

 

Plugin {
    type = dclock
    config {
        ShowSeconds = false
        HoursView = 24
        Action = xmessage Please define some command
    }

}

  • ShowSeconds - 秒の表示。デフォルトは false
  • HoursView - 24 時間・12 時間表示。12 または 24。デフォルトは 24
  • TooltipFmt - カーソルを当てた時に表示される日付。デフォルトは %A %x.
  • Action - マウスをクリックした時に実行するコマンド。デフォルトはなし
  • Color - 表示色。#RRGGBB または red black など。デフォルトは blue

type = genmon

モニター画面を表示します。下はバッテリー表示の例です。

 

Plugin {

    type = genmon

    config {

        Command = echo Bat $(acpi -b | cat -d, -f2)

        PollingTime = 2

        TextSize = small

        TextColor = blue

    }

}

  • Command = グラフ表示をするためのコマンド。0〜100 で返すようにします。
  • PollingTime = 更新間隔(秒)
  • TextSize = 表示するテキストの大きさ。small など
  • TextColor = 表示色。#RRGGBB または red black など

type = icons

特定アプリのアイコンを関連付け・画像ファイルを指定します。

これは各 type で使用されている icon で反映されます。

type = icons そのものは表示に反映されません。

 

plugin {
    type = icons
    expand = true
    padding = 0
    config {
        DefaultIcon = /usr/share/fbpanel/images/default.xpm
        application {
            icon = gnome-terminal
            ClassName = XTerm
        }
        application {
            icon = gnome-terminal
            ClassName = mlterm
        }
        application {
            icon = gnome-terminal
            ClassName = URxvt
        }
        application {
            icon = gnome-emacs
            ClassName = Emacs
        }
        application {
            icon = mozilla-firefox
            ClassName = Firefox-bin
        }
        application {
            icon = mozilla-firefox
            ClassName = Firefox
        }
        application {
            image = /usr/share/icons/yasis/scalable/apps/gnome-ppp.svg
            AppName = minicom
        }
    }
}

  • icon = 名称
  • image = icon の代わりに代用する画像(フルパス)
  • AppName = 適用するアプリ名
  • ClassName = 関連付するクラス名

type = launchbar

起動アイコンを追加します。

 

plugin {
    type = launchbar
    expand = false
    padding = 0
    config {
        button {
            icon = gnome-terminal
            tooltip = Terminal
            action = xterm
        }
        button {
            image = /opt/google/chrome/product_logo_48.png
            tooltip = Google Chrome
            action = google-chrome
        }    
    }
}

  • image - 表示するアイコン画像。パス指定または名称のみ
  • tooltip - カーソルを重ねた時に表示するテキスト
  • action - クリックした時に実行するコマンド

type = mem

メモリ使用量を追加します。

 

Plugin {
    type = mem
    config {
        ShowSwap = true
    }
}

  • ShowSwap = Swap を表示するか。デフォルトは false

type = menu

メニューを追加します。

 

plugin {
    type = menu
    config {
        icon = start-here
        systemmenu {
        }
        separator {
        }
        menu {
            name = Computer
            icon = computer
            item {
                name = Terminal
                icon = terminal
                action = x-terminal
            }
            item {
                name = Lock Display
                icon = gnome-lockscreen
                action = xtrlock2
            }
            separator {
            }
            item {
                name = Reboot
                icon = gnome-session-reboot
                action = sudo reboot
            }
       
        }
    }
}

  • icon - config 直下はメニューボタンの画像。フルパスまたは名称
  • image - icon の代わりに画像を直接指定
  • systemmenu - Linux が生成するメニューを表示
  • separator - 区切り線
  • item - 1 項目として表示
     name - メニューに表示する名称 icon - 表示画像。フルパスまたは名称
     image - icon の代わりに画像を直接指定
     action - クリックした時に実行するコマンド
  • menu - サブメニューとして中の項目を表示
     name - メニューに表示する名称 icon - 表示画像。フルパスまたは名称
     image - icon の代わりに画像を直接指定

type = net

ネットワークの送受情報を追加します。

 

Plugin {
    type = net
    config {
        interface = eth0
        TxLimit = 20
        RxLimit = 190
        TxColor = violet
        RxColor = blue
    }
}

  • 参照するインターフェイス。デフォルトは eth0
  • TxColor = 送信表示の色。デフォルトは violet
  • RxColor = 受信表示の色。デフォルトは blue
  • TxLimit = 送信表示の上限(K バイト/秒)。デフォルトは 12
  • TxLimit = 受信表示の上限 (K バイト/秒)。デフォルトは 120

type = pager

ページ(デスクトップ)の切り替えを追加します。

背景を表示するのは fbpanel ならではです。

 

Plugin {
    type = pager
    config {
        showwallpaper = true
    }
}

  • ShowWallpaper = 背景の表示。デフォルトは tue

type = space

間隔を追加します。

 

Plugin {
    type = space
    config {
        size = 15
    }
}

  • size = 間隔の幅(ピクセル)。デフォルトは 1

type = taskbar

タスクバーを追加します。

 

plugin {
    type = taskbar
    expand = true
    config {
        ShowIconified = true
        ShowMapped = true
        ShowAllDesks = false
        tooltips = true
        IconsOnly = false
        MaxTaskWidth = 150
    }
}

  • ShowIcoified - アイコンを表示
  • ShowMapped - false の場合は最小化されたウインドウのみをタスクバーに表示
  • ShowAllDesks - 全てのデスクトップを表示対象にする
  • tooltips - カーソルを重ねた時に説明を表示
  • IconsOnly - テキストを出さずアイコンのみを表示
  • MaxTaskWidth - ウインドウ毎の最大幅(ピクセル)

type = tclock

日時フォーマットの時間表示を追加します。

 

Plugin {
    type = tclock
    config {
        # 2 line view, time in bold above and date below
        ClockFmt = %-l:%M %P
%a %B %-e
        TooltipFmt = %A %x
        #Action = xmessage Please define some command
        ShowCalendar = false
        ShowTooltip = true
    }
}

  • ClockFmt - 表示する時間のフォーマット。デフォルトは %R
  • TooltipFmt - カーソルを当てた時の表示フォーマット。デフォルトは %A %x
  • Action - クリックした時のコマンド。デフォルトはなし
  • ShowCalendar - クリックした時に GTK カレンターウィジェットを表示。
    Action は設定されていない時に有効。デフォルトは true
  • ShowTooltip - カーソルを当てた時に表示するか。デフォルトは true

type = tray

システムトレイを表示します。

 

Plugin {

    type = tray

}

 

type = wincmd

ウインドウをすべて最小化するボタンを表示します。

 

Plugin {
    type = wincmd
    config {
        icon = gnome-fs-desktop
        tooltip = ウインドウをすべて最小化
           }
      }

}

  • icon = フルパスまたは名称
  • tooltip = カーソルを重ねた時に表示するテキスト