LightDM

 

ログインマネージャーの一つで、多くの Linux で採用されています。

  • Ubuntu フレーバーでは Xubuntu・Lubuntu・Ubuntu MATE が採用します。
    Ubuntu 非公式派生でも elementary OS などが標準です。
  • openSUSE では Xfce・LXDE インストール時に採用します。
    (LXDE は LXDM から変更されています)

日時表示を変更する

多くの場合、ログイン画面の日時は日本向けになっていません。

 

/etc/lightdm 内の .conf ファイルより clock-format があるファイルを見つけます。

/etc/lightdm/lightdm-gtk-greeter.conf の場合が多いようです。

Ubuntu フレーバーは /etc/lightdm/lightdm-gtk-dreeter.conf.d 内が多いです。

この clock-format の項目を root 権限で編集します。

例えば下記のようになります。全角文字も使用可能です。

 

clock-format=%Y-%m-%d (%a) %H:%M

 

表記するフォーマットは 日時フォーマット を参照して下さい。


背景画像を変更する

上同様 /etc/lightdm 内に .conf ファイルを root 権限で編集します。

blackground を追加・変更します。

 

background=/usr/share/wallpaper/image-files.jpg