Fedora・RedHat

Anaconda | Fedora Wiki

 

Fedora をはじめ、RedHat 系で採用されているインストーラー。

Anaconda という名称が付いています。

 

RedHat 7 系で大きくインストーラーが変化し、シンプルな操作になりました。


手順

下は Fedora 24 Workstation での表示・手順です。
RedHat 7 以降はこのインストーラーになりますが、表示が異なるところがあります。

 

Fedora ではこのような選択画面。

ライブ画面からアイコンで

起動する場合もあります。

 

言語の選択。

「日本語」が選択されています。


1. インストール該当の設定。Linux によって上記以外にも項目がある場合があります。

最低「インストール先」を確認する必要があります。

 

キーボードレイアウト。

「日本語」になっています。

追加・変更する事ができます。

 

日付と時刻。「アジア」「東京」です。

ネットワーク時刻の有無も選択できます。

日時の設定も可能です。

 


インストール先。ディスクを選択します。

OS がある場合は細かく設定できます。

 

ネットワークとホスト名。

有線の場合はホスト名のみ入力です。

 


2.ユーザーの設定。この状態でディスクへのインストールも進みます。

 

root パスワードを設定します。

確認のため 2 度入力します。

ユーザーの設定。

ユーザー名とパスワードなどを設定します。