Debian

Debian GNU/Linux で採用されているインストーラー。
Debian 派生でもいくつか採用されています。

ここでは GUI 版での手順ですが、CLI 表示も同等になっています。


インストール手順

Debian testing での手順です。stable は若干表示が違います。

Debian 派生では一部の表示が省略されていたりします。

 

起動画面。マウスでも操作したい時は

Graphic Install、キーボードのみで

良いなら Install も選べます。

 

言語の選択。Japanese - 日本語
あります。

 


testing のインストーラでは翻訳不完全の

場合があります。はい で進めます。

 

場所の選択。日本 などを選択します。

 


キーボードの選択。

日本語 などがあります。

 

ここでメディアから読み込みと、ネットワークの確認を行います。少し待ちます。

 


ホスト名の入力。ネットワーク上で表示したり、端末で表示されたりします。

 

ドメイン名の入力。意味が分からなければ

localhost と入れて下さい。

 


root のパスワード。2 回同じ入力します。

 

ユーザーアカウント。リアルネーム(本名)。

個人であれば、アカウント名でも良いです。

 


ユーザ名の入力。リアルネームの一部が表示されます。これはログインで使用します。

 

ユーザーのパスワード。

2 回同じ入力をします。

 


ここでディスクのパーティション確認。

状態によって少し待ちます。

 

パーティションの選択。すでに OS が入っている場合ば 手動 です。

 


ガイドを選択した場合は

ディスクを選択します。

 

パーティションの分割方法。

デスクトップは通常 すべてのファイルを 1 つのパーティションに を選択します。

 


手動の場合はディスク内の

パーティションを細かく設定できます。

 

構成を変更したら確認を行い、パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み で進めます。

 


変更内容の最終確認。はい でディスクに反映されます。(初期化を含みます)

 

設定により初期化・パーティションを設定、ベースシステムをインストールします。

 


CD・DVD では交換できます。これによりネット接続せずにインストールできます。

 

ネットワークミラーの使用。

これは必ず  はい を選んで下さい。

 


ミラーの国を選択。日本 があります。

 

ミラーの選択。

日本の場合でもいくつか存在します。

 


HTTP プロキシの入力。

プロキシ不要であれば空白のままです。

 

ダウンロードとインストールを行います。

少し待ちます。

 


パッケージ利用調査への参加。

はい・いいえ を選択します。

 

ソフトウェアの選択。Debian のみです。

Jessie 以降では複数のデスクトップをここで選択できます。

 


ダウンロードを行い、インストール。選択によってしばらく時間を要します。

 

ブートローダー GRUB のインストール。

マスターブートレコード=MBR だと

起動直後に動作します。

 


GRUB インストール先ディスクを選択。

手入力も可能です。

 

GRUB のインストール。他の OS を検出しメニューを構築するため、環境によっては時間を要します。

 


ユーザー情報などをインストーラー最後のタイミングで行います。

インストール完了。ここでメディアを取り出して下さい。続ける で再起動します。